大噴火のトンガ王国を救え。日本ラグビー界から続々と贈られる「エール」に感動の声

2022.01.18
3109
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_321910904
 

日本時間15日13時ごろに巨大噴火を起こした、トンガ王国付近の海底火山「フンガ・トンガ-フンガ・ハアパイ火山」。依然として被害の全容はつかめていませんが、遠く離れたここ日本でも津波に似た潮位の上昇や気圧の変化などの影響が出ました。

Tonga_Eruption_GOES-17_1-15-2022

NOAA, Public domain, via Wikimedia Commons

そんなトンガ王国に対して、日本のラグビー関係者や団体が「お見舞い」や「エール」を送っていることが話題となっています。

トンガ王国と日本、そしてラグビー

トンガ王国は日本の南東約7800kmに位置し、大小170余りの島からなる人口約10万人の島国です。面積は720平方kmと、奄美大島ほどしかないトンガですが、ラグビーが盛んなことで知られており、日本代表のバル・アサエリ愛選手、中島イシレリ選手の出身国でもあります。

また、トンガは2011年の東日本大地震のとき、義援金20万パアンガ(約900万円)を日本へ贈ってくれたことが外務省からの発表でわかっています。

日本と深い関わりを持つトンガでの大噴火に対して、日本のラグビー関連の公式ツイッターが「お見舞い」や「エール」のツイートを投稿。これに感動の声が続々とあがっています。

Twitterに投稿されたラグビー界からの「お見舞い」と「エール」










すべて掲載できないのは残念ですが、こうした日本ラグビー界からの「お見舞い」や「エール」に、駐日トンガ王国大使館の公式ツイッターをはじめ、感動の声が続々とあがっています。

print
いま読まれてます

  • 大噴火のトンガ王国を救え。日本ラグビー界から続々と贈られる「エール」に感動の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け