トランプ vs 金正恩。ビッグマウスの二人に起こりうる最悪の結末

shutterstock_561817636
 

日本ではニュース番組のみならず、ワイドショーでも連日放送されている北朝鮮危機。「もはや米中一触即発」などという報道も見られますが、国境を接する韓国国内の反応はあまり伝えられません。果たしてどのような状況にあるのでしょうか。韓国在住の著者による無料メルマガ『キムチパワー』が現地の様子を伝えています。

どうなる、朝鮮半島

本メルマガ2017年4月22日(4月24日に訂正記事送付)で、風雲急を告げると題して、副島隆彦の予言」の抜粋をお送りした。骨子は、

来年2018年4月に北朝鮮は韓国に向けてミサイルをぶっ放す。標的は仁川の韓国軍基地か、鳥山の米空軍基地。この攻撃で少なくとも3,000人から1万人の死者が出る。米軍による爆撃後、ただちに中国人民解放軍が北の国境線から進撃する。兵員は50万人。中国人民解放軍が、1週間以内に首都平壌を抑える。そして金正恩体制を崩壊させ、金漢率(キム・ハンソル=マレーシアで殺された金正男の長男)政権を作らせる。金漢率は無事に米国国内に保護されていることが確認されている。

こういった内容だった。この予言が当たっていれば筆者は副島隆彦のファンになると約束した。そしてこの予言がだんだん真実性を帯びてきているからちょっと怖い。

print
いま読まれてます

  • トランプ vs 金正恩。ビッグマウスの二人に起こりうる最悪の結末
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け