重なる虐待とDVの現場。母親が我が子を殴る継父を止められない訳

shutterstock_712992316
 

昨今、絶えることのない児童虐待を報じるニュース。先日話題となった目黒区の事件では、加害者である実母と義父は、あれだけの虐待を加えておきながら、子供の「将来」の話をしていたとも伝えられています。今回の無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』ではソーシャルワーカーの堀田利恵さんが、自身が関わってきた虐待の加害者を例に挙げ、その不可解な心理を紐解いています。

児童虐待といじめの相関性、その解決には

痛ましい児童虐待事件によって、未来ある幼い子どもの生命が奪われる事件が続いて心が痛みます。いじめの構造を知る上でも、このような事件を起こす人間の心理と成り行き構造について知ることは重要だと思います。一人のソーシャルワーカーとして考えを述べてみたいと思います。初期対応に尽力している相談員、ボランティアの方々の何らかの参考になれば幸いです。

私は、かつて司法福祉の仕事に携わってまいりましたので、実子や連れ子を殺してしまった実母や義父の話を何件も聞いてきました。また福祉現場で、DV被害者の話も複数聞き取ってきました。

最近も目黒区で、虐待されていた5歳の女の子が3月に死亡し、実母と義父が逮捕されました。警察からメディアへ流された情報の中に、実母と義父は、被害児童に対して、「将来タレントにしたかった」などと言っている、とありました。

実は、このように、虐待しておきながら普通の親と変わらないような発言をすることは決して珍しいことではありません。私も何度も遭遇しています。繰り返し体罰を加え、子どもを傷だらけにし、衰弱死させた事件でも、加害者である義父から子どもに関する将来の夢を聞きました。そのうえ、「むしろ親子関係は良かったのですよ」という涼しげな言葉も聞きました。

確かに、生活の中には、一緒にショッピングモールに行って買い物をしたこともあるでしょう。そこだけを取り出してみせるのは問題です。

虐待している親であっても、会社でも職場でもそこそこの評価を得ていたりします。人間関係のストレスにさいなまれていたり、金銭関係のトラブルをかかえていたりして、家庭内に八つ当たりの対象を求めていたとしても、職場での外面は良かったりします。ですから、被害者を保護すべき警察や行政が、本質を見誤ることが、往々にしてあります。

虐待の原因の第一の本質は、「認知の歪み」です。「認知の歪み」とは、その人の主観を変え、時間の観念も変え、思い出も変えてしまって、妄想の世界に入ってしまっているように見えることです。犯罪者には、珍しくない現象です。ですから、客観的な証拠こそが真実だと知っておかなくてはなりません。「親子関係は良かった」などと言っていても、死亡した幼児を調べたら、医学的には判明します。

何十時間も縛り上げてなぜ平気だったのでしょうか? 飲まず食わずの子どもがどういう状態なのか、どうして思いが及ばなかったのでしょうか。あるいは、数か月も閉じ込めて、おにぎり一個で、その間、衰弱して食べることも飲むこともできず、どういう神経だったのだろう、と思われることでしょう。暴力の連鎖で、怪我をおっている子どもを、ただの「痛い子」として扱うことのおぞましさになぜ気が付かないのだろうと思うことでしょう。外部の客観的な視点を持つ人から見たら、まさしく「鬼畜」の行為であったとしても、その人にとっては、「ただのしつけの一環なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 重なる虐待とDVの現場。母親が我が子を殴る継父を止められない訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい