女子アナが「荒らげる」を「あらげる」って読んだのは間違い?

shutterstock_1054592459
 

同じ読みで意味が違う「同音異義語」は日本語にたびたび登場します。その中でも特に厄介なのが、例えば「更正」と「更生」など意味が微妙に異なっている同音類義語の使い分けです。今回の無料メルマガ『仕事beginのメール作法』では著者の神垣あゆみさんが、上手に使いこなせるようになりたい同音類義語について解説しています。

間違いやすい言葉 「かたよる」

「かたよる」には「片寄る」「偏る」の2通りの表記があります。

片寄るずれて一方に寄ること。

例)積み荷の片寄りを防ぐ。
  対策台風の進路が東に片寄る。

偏る中立的でなくなるとか公正さを欠くことを意味します。

例)支店により売れ行きが偏る。
  原因栄養の摂取に偏りが見られる。

「偏る」の送り仮名は「偏・る」で、「偏・よる」とするのは間違いです。

物が片側に寄ることを指すのが「片寄る」で、ある基準からはずれて、一方によることを「偏る」という違いがあります。区別の仕方としては、「片寄るは目に見える形で分かることが多いですが、「偏るは思想や考えなど目に見えないものを指すことが多いといえるでしょう。

間違いやすい言葉 「とくよう」

値段が安い割に量が多いものを「とくようひん」と言います。漢字で書くと「得用品? それとも徳用品

記者ハンドブックによると「得」と「徳」の違いは、損の対語が「得」で、人徳や恩恵の意味で使うのが「徳」とあります。「お買い得」「お得な品」「100円の得」など、安くて得なことを意味する言葉には「得」を使います。

ならば、割安でお得な品である「とくようひん」は「得用品と表記するのかと思いきや、記者ハンドブックでは「徳用品とあります。「徳用米」「お徳用パック」「徳用タイプ」なども「得」ではなく「徳」を使います。損の反対は「得」ですが、「徳」にも利益という意味があるからでしょうか。

「とくよう」には「徳用」のほかに「特用」もあります。「特用とは特別な用途限られた用途に使うこと。お茶、麻、タバコ、藍など、食用以外の用途にあてる農作物のことを「特用作物」と言います。

ほかには「特養」もありますね。これは、特別養護老人ホームの略称です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 女子アナが「荒らげる」を「あらげる」って読んだのは間違い?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい