米メディアも報じ始めた「朝鮮戦争」の不気味なリアリティ

shutterstock_536498506
 

6日、北朝鮮は弾道ミサイルを4発発射し、そのうち3発が秋田県沖に落下しました。朝鮮中央通信は「有事の際に在日米軍基地を攻撃する訓練であり、訓練は成功した」と報じています。国際的な緊張が高まる中、トランプ大統領はどう動くのでしょうか。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「すでにアメリカは朝鮮戦争の準備を始めており、安倍総理も把握している。戦争が始まれば日本もアメリカ、韓国支援のために動かなければならなくなる」と衝撃的な見解を示しています。

アメリカは朝鮮戦争の準備を始めた

最近、あちこちで、「アメリカは朝鮮戦争の準備を開始した」という話を聞きます。著名な先生方も話されていますし、いろいろな国のメディアでも取り上げられています。ロシアでも、そのように報じられていました。今日は、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)3月2日付を見てみましょう。

なぜアメリカは、戦争準備を始めたのか?

WSJ3月2日は、「アメリカが北朝鮮攻撃を検討していることをはっきり報じています

米政権、北朝鮮への武力行使も選択肢に

ウォール・ストリート・ジャーナル 3/2(木)8:42配信

 

北朝鮮による核兵器の脅威に対応するため、トランプ米政権が武力行使や政権転覆などの選択肢を検討していることが分かった。政権内部の対北朝鮮戦略の見直し作業に詳しい関係者が明らかにした。東アジアの同盟諸国を緊張させかねない動きだ。

武力行使や政権転覆」だそうです。武力行使はわかりますが、「政権転覆」とはなんでしょうか? おそらく「クーデターを起こして親米傀儡政権を樹立する」ということでしょう。

ところで、なぜ武力行使の可能性を検討しているのでしょうか?

ドナルド・トランプ米大統領はこれまで同盟諸国に対し、米国の数十年来のアジア政策を維持し、同地域で結ばれている合意を破棄することはないと伝え続けてきた。一方で北朝鮮による大陸間弾道ミサイルの発射実験は阻止するとも明言しており、ここ2週間の戦略見直し作業を踏まえると、米国のアジア政策が大きく変わると見る向きもある。
(同上)

大陸間弾道ミサイルの発射実験は阻止する」。これが原因ですね。皆さんご存知のように、北朝鮮は核兵器を保有している。しかし、だからといってアメリカを核攻撃できるわけではありません。まず、ミサイルに搭載できるほど小型化しなければならない。次に、アメリカ本土に届くミサイルがなければならない。

北朝鮮は、「大陸間弾道ミサイル」の実験をするという。要するに、「もうすぐアメリカを核攻撃できるようになりますよ!」ということなのです。これは、アメリカも対応しなければならないでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 米メディアも報じ始めた「朝鮮戦争」の不気味なリアリティ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい