定期預金よりお得な「確定拠出年金」、元国税調査官が理由を教えます

 

そして、定期預金にはさらにもう一回税金がかかります

それは、利子に対してです。

昨今の低金利時代では、定期預金などの利子は微々たるものです。が、それでも利子自体はあります。この少ない少ない利子に対して、20%もの税金が課せられるのです。それを考えれば利子などはないも同然ですよね?

この二つの税金分を考えれば、定期預金と確定拠出年金は平均的なサラリーマンでも15%~20%くらいの違いがあるといえます。

つまり、同じような負担であっても、定期預金ならば、月8千円しか貯まらないのに、確定拠出年金ならば、月1万円貯まるということなのです。

これが何十年も積み重なれば、相当な差となるはずです。

ただし、確定拠出年金は、定期預金のようにいざというときに解約したり、数年間で満期になったりはしません。「貯蓄商品としての自由度は低いのです。

しかし、老後資金の蓄積ということを考えれば、確定拠出年金に圧倒的に分があるわけです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 定期預金よりお得な「確定拠出年金」、元国税調査官が理由を教えます
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい