守れるのはあなただけ。子供が自殺前に見せる「7つの前兆」

ijime20170817
 

8月も中盤を過ぎ、宿題や自由研究に大忙しの子供たち。しかし、いじめ被害に遭っている児童・生徒たちにとっては、2学期開始間近のこの時期はとてつもなく憂鬱でもあります。かねてから夏休み明けに子供たちの自殺が急増することを指摘している無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』の著者のひとりである丸山秀和さんは、追い詰められた子たちが無意識のうちに発する「危険な兆候」について記しています。

夏休み明けの自殺防止

お盆も過ぎ、子供たちの夏休みも後半に入りました。早いところでは、今週いっぱいで夏休みも終わるところもあるそうです。宿題とか、自由研究とか、そろそろ、焦ってくる時期になります。見通しの立っていない子供の保護者の皆様は、頭を悩ませていることと思います。自由研究のテーマについては、インターネットを検索すると、様々な情報が出てくる時代なので、昔に比べれば、何とかなるようになってきたのではないでしょうか。ただ、宿題は、きちんと計画を立てさせ、毎日チェックしていかないと終わらないので、子供との戦いになってきます。気を引き締めてかからないといけません。親子ともに、大変ですね。

さて、8月9日に、文部科学省から、「夏休み明けに向けた官民連携によるいじめ防止強化キャンペーンの実施について」という報道がありました。この中では、文部科学省をはじめ、7つの関係団体のいじめ防止の取り組みが紹介されています。

例えば、ダイヤル・サービス株式会社が8月下旬より、期間限定でLINEを利用した相談窓口を開設することや、NPO法人チャイルドライン支援センターが、フリーダイヤル0120-99-7777の実施時間を24時まで延長する8月23日~9月5日)といったものです。

やはりこの8月下旬から9月上旬にかけて、いじめ防止の取り組みを充実させるのは、9月からの新学期を安心して過ごせるようにするためにも、とても大切なことです。また、毎年のことですが、夏休み明けというのは、子供たちの自殺が多い時期でもあります。いじめもその原因の一つに挙げられます。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 守れるのはあなただけ。子供が自殺前に見せる「7つの前兆」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい