嘘も100回言えば本当の中国、歴史教科書に「尖閣は中国のもの」

shutterstock_1342197668
 

徴用工問題に端を発し、国交正常化以来最悪ともいわれる最近の日韓関係。専門家はこのような流れをどう見ているのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、「感情よりも戦略を優先させるべき」としています。

中国「尖閣はわが国の領土!」と【教科書】で…

香港デモを焚きつける米国が引き起こしたい『第2次天安門事件』」は、中国政府が、「香港デモ=アメリカの仕業」と主張しているという話でした。最後に、こんなことを書きました。

「覇権にはかえられない!」と決意している勢力が、今のアメリカを牛耳っている。それは、トランプさんというより、昨年10月、中国に「宣戦布告演説」をしたペンスさんのグループなのでしょう。

 

いずれにしても、日本政府は、「今世界は戦争中」という認識を強く持ってほしいと思います。そして「戦術的」問題に深入りしないで欲しいです。

読者さんから、「『戦術的』問題に深入りしない」とはどういう意味ですか?と質問がありました。「戦術的問題とは要するに、「韓国問題ロシア問題」のことです。

もちろん徴用工問題も北方領土問題も、メチャクチャ大事です。「超大事」といえるでしょう。大事でも、「戦術的問題」なのです。なぜでしょう?

日本には領土問題が3つあります。ロシアとの間に北方領土問題がある。韓国との間に竹島問題がある。中国との間に尖閣問題がある。この三つ「同列」に扱われますが、本質的に違うものです。ロシアは北方4島を、韓国は竹島を実効支配している。だから、彼らは現状に満足しています(逆に、日本は不満足)。それで、日本とロシア、日本と韓国が戦争(戦闘)になる可能性は、「日本がしかける時だけ」に限られます。日本は、ロシアや韓国に戦争(戦闘)をしかけないでしょう?だから、日ロ、日韓と戦争(戦闘)になる可能性は、ほとんどありません。

しかし、尖閣問題は、質が全然違います。中国は尖閣を実効支配していない(そもそも日本領だし)。だから現状に不満で、「隙あらば奪ってしまおう!」という意欲がバリバリある。中国に関しては、「日本からしかけなくても戦争(戦闘)になる可能性がおおいにあります。だから、日本がもっとも警戒すべきなのは中国なのです。

そして、皆さんご存知ですね。中国は、日本を破滅させるべく、「反日統一共同戦線戦略」を主導しています。戦略の骨子は、

  • 中国、ロシア、韓国で「反日統一共同戦線」を創る
  • 中ロ韓で、日本の領土要求を断念させる
  • 日本に断念させる領土とは、北方4島、竹島、尖閣、【沖縄】 である
  • 日本に、【沖縄】の領有権はない!!!!!!!
  • 【アメリカ】を「反日統一共同戦線」に入れなければならない

絶対完全証拠はこちら。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

こんなのを見ると、日本最大の敵は中国であることがはっきりわかります。私は、中国人全部が悪いとはいいません。しかし、事実として習近平政権は「日本を破滅させるための戦略」をつくり、実行している。いくら平和を希求する私たちでも、対抗措置をとらなければならないでしょう。中国の戦略、簡単にいえば、

  • 日米関係を破壊する
  • 日ロ関係を破壊する
  • 日韓関係を破壊する
  • 孤立させて、尖閣、沖縄を奪う

です。対する日本の戦略は、

  • 日米関係をますます強固にする
  • 日ロ関係をさらに改善させる
  • 日韓関係は、最悪の状態にしない

そして、「反日統一共同戦線戦略を無力化し、尖閣、沖縄を守る」です。もちろん、日米、日ロ、日韓関係で、さまざまな問題がでてきます。しかし、戦略的に考えると、中国に勝つためにはこの3国との関係は良好に保つべきなのです。

もちろん、私も韓国の動きにはいちいち腹が立ちます。慰安婦合意をあっさり破ること、徴用工のこと、心臓も胃も痛くなります。ロシアについても、メドが北方領土をまた訪問と聞けば、腹が立ちます。

しかし、私は、日本を【戦勝国】にしたい。その為には、常に「感情」よりも「戦略を上におかなければならない。そういうことです。だから、「徴用工問題」も「メドの北方領土訪問」も、大事ではありますが、「戦術的問題」なのです。

戦術的問題にこだわると、韓国と断交、次はロシアと断交ということになります。それを一番喜ぶのは誰?そう、習近平ですね。

「ふぉふぉふぉ。愚かな日本人は、ワシの手のひらの上で踊っておるわい」

最近、日韓関係は、最悪。日ロ関係も、だいぶ冷えてきました。もちろん習近平は、幸せな気持ちでしょう。「戦術的な問題に深入りしないでください」というのは、そういう意味です。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 嘘も100回言えば本当の中国、歴史教科書に「尖閣は中国のもの」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい