ピンチはチャンス。アパレルは「デジタル化」の浸透で生き返る

shutterstock_171679133
 

コロナ禍をきっかけに、さまざまな業種、業界でデジタルトランスフォーメーション(DX、ITの浸透が人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させるという概念)を模索する動きが加速しています。前回、アパレルのDXはどうあるべきか?で、主に店舗業務でのデジタル化を論じたファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さん。今回のメルマガ『j-fashion journal』では、デジタルデータのやりとりにより広がりが見えてくる縫製工場やテキスタイル工場のビジネスについて論じています。

アパレルDX(デジタルトランスフォーメーション)について考える(下)

パターンデータベースの可能性

アパレル製品を生産するには、生地と付属とパターンと縫製仕様書が必要です。デザイン画は、パターンを引くための指図書であり、パターンは服を作るための設計図です。パターンを引く人をアメリカでは、「パターンメーカー」、ヨーロッパでは「モデリスト」、日本では「パターンナー」と言います。

ヨーロッパのアパレル企業の経営者は、「モデリストはレストランのシェフだ」「モデリストは企業の宝だ」と讃えます。それほど、重要な仕事であると認識されているということです。パターンはアパレル企業のノウハウの塊です。海外縫製する時にも、イタリアのアパレル企業は裁断してから送るそうです。パターンを送って、海外で裁断させると、簡単にコピーできるからです。

それほど大切なパターンですので、量産可能なパターンを販売したり、クラウド上で公開することはありません。しかし、日本にはパターンメーキング専門の会社があります。その会社がオリジナルのパターンを作成し、販売することは可能です。

それにより、何が起きるでしょうか。もし、タイムリーに新しいパターンが公開販売されるのであれば、デザイナーもパターンナーも必要なくなるかもしれません。縫製工場がファクトリーブランドを作って、製品を販売するのなら、とても便利です。あるいは、テキスタイルメーカーが、パターンを購入してアパレル製品に加工すれば、利益率の高いビジネスモデルができるかもしれません。

B2Bの展示会、B2Cの展示会

欧米のファッションビジネスは、年2回のコレクションがベースになっています。糸のコレクション、テキスタイルのコレクション、アパレルのコレクションが半年ずつずれて開催されます。展示会の期間を過ぎると、商談ができなかったのですが、ネット活用になって、次第に柔軟な運用が可能になりました。

例えば、受注が少なくて、生産中止になる場合の代替え品の提案や、着分の発注がオンラインでできるようになりました。それでも、オフラインの見本市が開かれるのは、色やタッチ、素材の表面等は見て触らないと分からないからです。また、知られざる見本市の目的は、業界のボス同士が会えるということです。これは、展示会期間中の夜がメインの舞台になります。

商取引、受発注であれば、ネットで行った方が合理的です。遠隔地からも受発注が可能であれば、出張経費も削減できるでしょう。更に、メーカーが小売店を対象に行うだけでなく、直接顧客に対して予約販売を行うこともできます。

現在のような自粛期間中であっても、予約制にして、会議室の鍵をスマホで管理できるソフトがあるので、バイヤーに暗証番号を送り、無人の部屋に入ってもらい、机の上のモニターを通じて、商談するというスタイルも考えられます。

あるいは、ファッションショーの観覧券と展示会の予約販売券をセットにして販売するのはいかがでしょうか。一定の料金を支払えば、会員限定のファッションショーがオンラインで見ることができて、ショーの後で割引価格で予約もできるという仕組みです。

print

  • ピンチはチャンス。アパレルは「デジタル化」の浸透で生き返る
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け