金正恩 vs トランプ舌戦でわかる、韓国人の「ケンカ作法」

金正恩 トランプ大統領
 

数々の過激な発言で世界中を賑わせている米トランプ大統領ですが、北朝鮮の金正恩委員長も負けていません。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で北朝鮮事情に詳しい宮塚先生は、47年前に自身が韓国留学した際の思い出を振り返りながら、今話題となっている米朝の舌戦が「朝鮮半島伝統の喧嘩の作法」であると分析しています。

米朝の“舌合戦”は猿芝居か?朝鮮半島伝統のケンカの仕方

アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長の“舌合”を見ていて思い出したことがある。今から47年前に韓国に留学した時のことである。ある日、保証人が「宮塚、君はまだ韓国語がうまく話せないからいいが、これから韓国人と話す時は気をつけるように」と忠告してくれた。

当時は今と違って日本人が韓国に観光に来るような時代ではなかった(もちろん、農協観光の団体客の姿はあったが)。街を歩いていて日本人と分かると親しげに日本語で接してくれる人もいたが、私が場末(ばすえ)の飲み屋で1人、薬缶1杯100ウォンのマッコリ(どぶろく)を飲んでいたら、他の席にいたアジョシ(おじさん)グループの1人が私に「なぜお前はここにいるんだ」とすごい剣幕で怒鳴りつけてきたことがあった。

韓国語が十分でない私にも怒気を含んだ赤ら顔のおじさんの言いたいことは分かったが、私には返す言葉がなかった。日本人と見ればすぐに「イルチェ サムシムユンニョン(日帝三十六年)」とか「チョソンチョンドクプ(朝鮮総督府)」というような言葉が出てくる時代である。

今なら「私は戦後生まれの日本人だ。直接の責任はない。統治時代の歴史を学ぶために留学に来た日本人だ」とでも反論するだろうが、保証人の「売り言葉に買い言葉」には気をつけるようにという戒めを思い出していた。

ところで、韓国語で「売り言葉に買い言葉」は、一般に「カヌンマルコワヤオヌンマルコプタ(行く言葉がきれいならくる言葉も美しい)」と言うが、昨今の米朝の舌合戦は朝鮮半島の伝統的な戦いのように思える。

「宮塚、韓国人は日本人と違ってケンカの時は最初から殴り合いになるようなことはしない。まず、口で相手をしたたか罵って自己の正当性を主張し、それでもだめなら取っ組み合いのケンカになる。それも相手側にまともにぶつかっていくのではなく、意表をついたパッチギ(頭突き)で鼻っ柱あたりを思いっきりぶつけて血を流させる」のが常套手段とも教えてくれたが、昨今の北朝鮮の対アメリカ非難もこのやり方と変わりはないようだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 金正恩 vs トランプ舌戦でわかる、韓国人の「ケンカ作法」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい