面接で「膝みせて」。美女軍団シンガポールエアラインCAの苦悩

shutterstock_689690623
 

12日に米朝首脳会談が開催されたシンガポールは世界中から注目の的となりましたが、お祭り騒ぎの裏で「シンガポール・ガール」が抱える闇の部分を明かし、自らのCA体験を例に一石を投じたのは、健康社会学者の河合薫さん。河合さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、世界一採用基準が高いことでも知られる「シンガポールエアライン」の美女CA軍団の労働条件についてユーモアを交えつつ、その過酷さについて指摘しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年6月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

「シンガポール・ガール」のリアル。膝小僧見せて!

半年前までは誰も想像していなかった「会談」が行なわれました。日本中の記者たちが集い、NHKは一日中現地の様子を中継し……、トランプ大統領とキム委員長は合意文書に署名

なんか……映画だなぁ~などと思ってしまったのは私だけでしょうか?

つまり、先日の会談も含め、これまでの米朝、トランプ大統領とキム委員長、「一発触発だ!」とつい先日まで騒ぎまくっていたメディアや専門家の人たち、直前の「やらないかもね~」etc etc……、そして、改めて先日のツーショットで感じたお二人の年齢差…、そのすべてが、完璧に演出されたストーリーのようで。

その裏に隠れているであろうリアル」に、逆に興味が湧いてしまったのであります。

とはいえ、私は外交の専門家でもなければ、北朝鮮通でもない。ましてやトランプ一族と知り合いでもありません。ですので、今回はシンガポールのことについてお話します。

シンガポールといえば、SQ。SQといえば「Superior Quality」 。「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」を基本理念とするシンガポールエアラインです。

実は私が「国際線のCAになりたい!」と憧れたのは、大学時代、アラバマ大学に短期留学する際、シンガポールエアラインで渡米したのがきっかけでした。

機内でサービスをしてくれるCAがとにかく美しい! 英語、日本語、中国語、フランス語を使いこなし、腰まで大きくスリットの入った制服を着こなし、エキゾチックな瞳とちょっとばかり焼けた肌が美しくて、かわいくて。

「かっこいい!!国際線のCAになろう!」

それまで「世界を股にかける仕事をしたい!」という漠然とした夢が、具体化したのです。

そこで当時、学生に人気だったANAの国際線CAを志願。とまぁ、ここでSQではなくANAを目指すところが、私のアホさ加減というかノー天気さなのですが(苦笑)。とにもかくにもあの時、シンガポールエアラインの超美しいCAに出会ってなければ、今の私はなかったのであります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 面接で「膝みせて」。美女軍団シンガポールエアラインCAの苦悩
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい