キャベツタワーが圧巻!四日市名物B級グルメ「とんてき」を食す

151002_poruporu
 

三重県四日市市の名物として知られている「とんてき」。名前からして単なる豚肉のステーキを想像しがちですが、「とんてき」とはグローブのような切り込みが入った豚肉の切り身をにんにくと一緒に濃いめのタレでソテーし、たっぷりの千切りキャベツとともに食べるB級グルメです。皿に盛られた姿を想像しただけでお腹が鳴っちゃいそうな、この「とんてき」ってどれほど美味しい料理なのか、すごーく気になります。そこで、たまたま四日市を通過中という「ママチャリで日本一周中の悪魔」こと大魔王ポルポルさんに、ダメもとで食レポをお願いしてみたところ、「いいだろう」と上から目線の快諾のメールが。先日のまぐまぐ本社に続いて、とんてきも悪魔に「征服」されてしまうのでしょうか……。

日本一周中の悪魔、とんてきを征服

三重県四日市市のB級グルメである、とんてきを食してきた。

ウスターソースのようなタレで焼かれた豚肉のステーキである、とんてきは四日市の名物料理となっているが、その中でも、とてつもなく山盛りに積まれたキャベツで有名な隆倉(たかくら)というお店がある。

このお店は、トンカツヒレカツまでも扱っていて、まさに豚肉界牛耳っていると言っても過言ではない。

これから豚肉を征服するのだ!(※編集部注:服が黒いのに写真が暗すぎだよ、大魔王!)

店の前にて。服が黒いのに写真が暗すぎだよ、大魔王!

早速、店内に入ってみた。静かな空気に包まれた店の中は、ゆっくりと食事することができる空間となっている。

その静寂を打ち破るかのように、

ガッハッハッハ! ここは我輩が支配したのだ

と、一言挨拶でも交わそうかと思っていたら、店内はざわつき始めた。近くの客はボー然としている。

魔族がやって来たのは初めてなのだろう。

(え……なに。あいつ……)という視線を送られていると、

店員が近づいてきて「何名さまですか?」と、さっそく不審者扱いされた。

我輩は恥ずかしくなり、思わず我を忘れて、

1人です

と答えてしまった。

肉を食するときは「にくぅぅ! 食ってるぜ」という肉肉しい噛み応えが好みの我輩は、とんてき定食セミダブルを注文した。

15分ほどでジュージューうねりを挙げる、とんてきが運ばれてくる。

これが山盛りキャベツつき、とんてき定食セミダブルだ!

これが山盛りキャベツつき、とんてき定食セミダブルだ!

 

とんてき定食はご飯、味噌汁(赤だし)、お新香つき

とんてき定食はご飯、味噌汁(赤だし)、お新香つき

山盛りに盛られたキャベツ! それを凌駕するボリュームの、とんてき! まさに至福の時である。

さっそく、とんてきとのツーショット写真を撮ってもらおうと店員にお願いしたところ、

「いやー、そういうのはちょっと……」

断られてしまった。あくまで我輩は不審者お店我輩の間には深い溝があるようだ。

それでも何とか頭を下げ、カメラを渡し、ポージングまですると、2、3枚ツーショット写真を撮ってくれた。

見よ、このボリュームを。思わず悪魔も仏の顔になる

見よ、このボリュームを。思わず悪魔も仏の顔になる

 

どうだ、エベレスト級のキャベツ山を征服したぞ!

エベレスト級のキャベツ山を征服するぞ!

 

あっという間に征服完了だ、ガッハッハッハ!

あっという間に征服完了だ、ガッハッハッハ!

香ばしい肉の香りが口の中いっぱいに広がり、肉を食べてる実感が湧く。キャベツも甘い。

とても満足だ。ガッハッハッハ!!

豚肉界を牛耳る、隆倉

ぜひ訪れてみるがよい。

poruporu05 copy

 DATA:

隆倉(たかくら)

営業時間 11:30~13:30、17:30~21:00

定休日  木曜、第3水曜

住所   三重県四日市市赤堀2-6-8

 

『大魔王ポルポルの日本征服の旅』

著者/大魔王ポルポル
日本一周の旅をしている大魔王ポルポルである。旅の裏側、隠れた小話など話したいことは盛り沢山!! だがしかし! タダで公開はできない。メールマガジンで日本のいろいろなことを掲載するのだ。メルマガに記載のアドレスに悩みや質問を送ってくれればメルマガで公開回答するぞ! ガッハッハッハ!!
≪無料サンプルはこちら≫

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • キャベツタワーが圧巻!四日市名物B級グルメ「とんてき」を食す
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け