【書評】中国のプロパガンダをそのまま載せる中学歴史教科書の愚

0912_creater
 

中学校の歴史の教科書にどんなことが書かれていたか、覚えていますか? 今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介されているのは、今、中学生たちが歴史を学んでいる教科書。柴田さんが呆れ果てたというその内容とは?

71U4+vICWhL

新版 新しい社会 歴史』東京書籍

川口中央図書館に行ったときフト思いついて、中学校の歴史の教科書を見せてもらった(貸出は不可)。東京書籍の『新版 新しい社会 歴史』平成27年検定済みの、わりと大判できれいな本。よりによって偏向で知られる東京書籍の歴史教科書かい。

日本神話は一切載ってない。きれいさっぱり無視している。卑弥呼が魏に朝貢したと断定している。聖徳太子(厩戸皇子)が蘇我馬子と協力しながら、中国や朝鮮に学んで、大王(天皇)を中心とする政治制度を整えたと書く。日本神話を無視し、なにがなんでも中韓を上位に置くから、無理な記述になるのだ。

三・一独立運動」の項で、こう書かれていた。

日本軍は、1937年末に首都の南京を占領し、その過程で、女性や子どもなど一般の人々や捕虜をふくむ多数の中国人を殺害しました(南京事件)。

欄外に

この事件は「南京大虐殺」とも呼ばれます。被害者の数については、さまざまな調査や研究が行われていますがいまだ確定していません。

……って、大嘘(中国のプロパガンダ)を事実だと断定している。

日本は植民地や占領地でも、厳しい動員を行いました。多数の朝鮮人や中国人が、意思に反して日本に連れてこられ、鉱山や工場などで劣悪な条件下で労働を強いられました。こうした動員は女性にもおよび、戦地で働かされた人もいました。

って、いい加減なこと書くからトンデモ徴用工問題が出てくるんだ。さすがに慰安婦関係は一切載っていない。領土問題もきちんと記述している。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】中国のプロパガンダをそのまま載せる中学歴史教科書の愚
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい