【朝鮮半島危機】金正恩氏暗殺も? 北朝鮮に残された3つの選択肢

shutterstock_135694022
 

にらみ合いが続く北朝鮮と韓国。北朝鮮の潜水艇数十隻が基地を出たと報道されるなど、両国間の緊張が高まっています。高官同士の会談も続けられているとのことですが、平和的解決は観られるのでしょうか。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんが今後起こりうる3つのシナリオを紹介しています。

またも北朝鮮の瀬戸際戦略

北朝鮮が、瀬戸際戦略を繰り出してきた。しかし、世界は北朝鮮の瀬戸際戦略に慣れてきている。このため、今までのようにはうまくいかない。さあ、どうなるのであろうか? 検討したい。

今回の事件

南北国境地帯では今月4日、北朝鮮軍兵士が国境を越えて埋めたとされる地雷により、韓国軍兵士2人が重傷を負っている。韓国側はこの事件を受け、国境地帯に設置したスピーカーによるプロパガンダ放送を11年ぶりに再開した。

この放送をやめさせるために、韓国国防部(防衛省)の発表によると、京畿道漣川(ヨンチョン)の西部戦線で、20日午後3時53分ごろ、北朝鮮軍が撃った14.5mm高射砲の砲弾1発が山中に着弾した。さらに19分後の4時12分、76.2mm直射砲により非武装地帯(DMZ)の軍事境界線南側に数発砲撃が加えられた。

これに対して、韓国軍も午後5時過ぎに軍事境界線から北へ500メートルの地点に、155mm自走砲で数十発応射した。

北朝鮮は同日、48時間以内にプロパガンダ放送を中止しなければ、「軍事行動を開始する」とする書簡を韓国側に送るとともに、金正恩第1書記は20日午後、軍と党の高位関係者らを招集して中央軍事委員会非常拡大会議を開いた後、「21日午後5時を期して『火の作戦』に入れるよう完全武装した戦時状態に転換する」と指示した。

これに対して、朴槿恵(パク・クネ)大統領が21日午後、西部戦線を担当する第3軍司令部を訪問して北朝鮮軍の動向と韓国軍の対備態勢を点検した。朴大統領は「軍は北朝鮮の追加挑発に対して一寸の隙もない即刻対応態勢を維持し、状況が発生した時は『先に措置、後で報告』するようお願いしたい」と指示した。

瀬戸際戦略を韓国は知り尽くしているので、瀬戸際戦略には強硬手段しかないことを、この十年間で勉強している。このため、そう簡単に北朝鮮の脅しで引き下がらない。

デンプシー米統合参謀本部議長は21日午後(日本時間22日午前)、南北朝鮮の緊張の高まりを受けて韓国軍の崔潤喜合同参謀本部議長に電話し、韓国防衛への米国の揺るぎない義務を確認した。

朝鮮半島の緊張状態を解決するため、北朝鮮が提案した南北当局による高官協議が22日午後6時半から23日午前4時15分まで、南北軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」で行われた。双方は最終合意に至らず、23日午後3時に協議を再開することにした。青瓦台(大統領府)の閔庚旭(ミン・ギョンウク)報道官が明らかにした。

韓国サイドは、地雷を埋めた北朝鮮の責任を追及し、北朝鮮サイドは、地雷を韓国が埋めて自作自演であり、それによりプロパガンダ放送を始めることは許さない。即座に放送を中止しろということで、双方の主張は平行線であったようである。

このため、双方は最終合意に至らず、23日午後3時に協議を再開することにしたという。

韓国は、今回、そう簡単には折れないし、戦争に持ち込むと脅されたら、戦争をすると答えることになる。それには理由がある。

北朝鮮も折れることはできない。金正恩第1書記が国家指導者として失格であることを証明されてしまう。本当はそうであるが。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【朝鮮半島危機】金正恩氏暗殺も? 北朝鮮に残された3つの選択肢
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい