なぜ小学校のプールの水は毒性のある「塩素」を入れているのか?

shutterstock_508126819
 

小学校の頃、夏のプールの水に入れられていた「塩素」の匂いを覚えていますか? あの匂いを嗅ぐと、たまに子供の頃を思い出すという方は多いのではないかと思います。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では、著者で科学者のくられさんが、私たちの衛生的で快適な生活の実現に一役も二役も買った「塩素」の効能を紹介。プールの消毒や、普段の台所で使っている塩素に関するちょっとした豆知識を学んでみませんか?

塩素のある暮らし

キッチンハイター、ピューラックス…台所用漂白剤から、カビキラーなどのカビ落としまで、幅広く使われているのが次亜塩素酸ナトリウムという物質で、塩化ナトリウム(食塩)を電気分解することで作ることができるため、人類が電気を手にして真っ先に塩素源としてコントロールに成功した、公衆衛生を司る化学物質といっても過言ではない偉大な化合物です。

塩素…と聞くと、プールの消毒や水道水のトリハロメタンを思いだし、毒性が…と思う人も多いかと思います。

もちろん塩素には毒性があります。塩素を含む化合物、特に炭素と塩素が結びついたものが毒を持つことも多いのも事実です。

では、なんでそんなものをプールに入れるのか、水道水に入っているのか。

簡単なことで、安全のためです。水には目に見えない細菌や原虫などが潜んでおり、内蔵を病気にしたり、脳を食うアメーバなんかもいるわけで(日本には滅多にいないが)そうした病原性の生物を始末するのに使われているのがこうした塩素や塩素化合物で、トリハロメタンは浄水の課程で生じるもので、当然、毎日飲んでも安全極まりない分量が残留するようにされています。水道水の安全基準はミネラルウォーターより厳しいのはそのせいです。

微量の塩素をうまく使うことで衛生的に安全に暮らすことができるわけです。

例えば、この時期、お風呂の残り湯を次の日洗濯に使うと匂いが気になることがあります。そうした心配をするなら、お風呂にペットボトルのキャップ1杯程度の台所漂白剤を入れておけば、次の日もぬめることはないですし、この量なら洗濯物を漂白するようなこともありません。

サバイバル環境下では、雨水だって1Lあたり数滴の漂白剤を入れれば一応殺菌は可能です(あくまで殺菌なだけで有害物の除去はできないので、非常時のやむを得ない場合)。

● アリエナイ理科ポータルのこの記事をお読みになりたい場合は、こちら

image by: shutterstock.com

くられこの著者の記事一覧

シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 アリエナイ科学メルマ 』

【著者】 くられ 【発行周期】 週刊

 

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ小学校のプールの水は毒性のある「塩素」を入れているのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい