東京ディズニーRに暗雲。上海ディズニーとのシェア争い激化か?

tempo20180719
 

先日発表された東京ディズニーシーの拡張計画。報道によると、2022年度中の開業を目標に約2割拡張するとのことですが、その費用は2500億円とも言われています。そこまでの金額を投資して行うこの計画、いったい東京ディズニーリゾートに「混雑緩和」以外のどんな恩恵をもたらすのでしょうか。店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、自身の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』で詳細に分析・考察しています。

東京ディズニーRがパーク拡張。上海ディズニーとの間で中国人の争奪戦激化か

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは6月14日、混雑緩和をひとつの目的とした東京ディズニーシー(TDS)の拡張計画を発表しました。東京ディズニーランド(TDL)とTDSに隣接する駐車場を転用し、約10万平方メートルをテーマパークなどの用地に充て、約2割拡張するといいます。

TDRは近年、混雑などが原因で顧客満足度の低下が指摘されています。また、近年は入園者数が年間約3,000万人で頭打ちが続いています。そうしたなか、パークを拡張することで混雑の緩和と入園者数の増加を実現したい考えです。

こうしたことから、近年はTDRに対する評価に頭打ち感が漂っています。ただ、そういった中でも訪日外国人の入園者数は増加が続いており、外国人の評価は年々高まっています。

TDRの訪日外国人入園者数は、17年度は5年前の4倍となる295万人で増加傾向を示しています。全入園者数に占める割合は9.8%にもなります。また、17年度の訪日外国人の総数は2,977万人(日本政府観光局調べ)のため、TDRが取り込んでいる割合は9.9%にも上り、TDRを目的に日本を訪れる外国人が少なくないことがわかります。今回発表されたパークの拡張策は、今後も増加が見込まれる訪日外国人を取り込む狙いもあります。

TDRを構成するTDLとTDSは世界のテーマパークの中でも屈指の集客力を誇ります。テーマエンターテインメント協会(TEA)と市場調査会社のAECOMの調査によると、17年のTDLの入園者数は1,660万人で、世界のテーマパークの入園者数ランキングで1位の「マジック・キングダム」(2,045万人/米国・オーランド)と2位の「ディズニーランド」(1,830万人/米国・アナハイム)に次ぐ3位にランクインし、4位の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(1,493.5万人/大阪)に続いてTDS(1,350万人)が5位にランクインしています。

themepark-ranking

世界でも有数のテーマパークといえるTDR。とはいえ、今後もその地位が安泰であるとは必ずしも言い切れません。特に上海ディズニーランドが大きな脅威になる可能性があります。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 東京ディズニーRに暗雲。上海ディズニーとのシェア争い激化か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい