ゴーン前会長の保釈認める決定、東京地裁。保釈金10億円

2019.03.05
15
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_192868310
 

特別背任などの罪で起訴されている日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン氏について、東京地裁は、3回目の保釈請求に対して、保釈を認める決定を出した。NHKや報道各社が速報で報じた。

ゴーン前会長は、早ければ5日中にも保釈されるという。保釈金は10億円。

検察は決定を不服として「準抗告」の手続きを取るとみられているが、裁判所が退けた場合、保釈金10億円の支払いが行われれば、2018年11月の逮捕劇以来、107日ぶりに保釈される見通し。

ゴーン前会長はこれまで、全面的な「無罪」を主張しているが、1月にはルノーの経営トップを辞任、また日産、ルノー、三菱自の3社連合の経営トップを退任している。(随時更新)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com

print
いま読まれてます

  • ゴーン前会長の保釈認める決定、東京地裁。保釈金10億円
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け