そんな事しちゃうの日本人だけ。NY住人から見た「日本あるある」

shutterstock_1326471032
 

世界が狭くなった現代では、外国で生活する人、特に都会の人が「べんり!」「かわいい!」「おもしろい!」と思える日本独自のものは、徐々に少なくなっているようです。メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』を発行する米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋さんが、今回2人のニューヨーカーに取材し、苦労の末に「THEニッポン」と言えるものを3つ発見し教えてくれました。

ニューヨーカーの日本あるある

前回「NYあるある」について書きました。自然とこんな行為をしちゃうと、あなたも立派なニューヨーカーだよ、と。

好評頂いたので、今回は、その逆バージョン。こんなことをしちゃうのは日本人だけだよ。こんなモノは日本だけしか見ないよ、のニューヨーカーから見た「日本あるある」

日本に4年間留学していたスイス人の友達、マシューと、こっち生まれだけど、両親ともに日本人で、子供の頃から日本にちょくちょく行くことがある、ジャパニーズアメリカンのミカちゃんのふたりに聞いてみました。ふたりとも、日本語はペラペラ、です。場所は編集部近くのスターバックス。コーヒー1杯で取材できる友です。

  • 日本にいた時に(行った時に)ついついしてしまう、日本人の習慣ある?
  • 日本人になっちゃった、と思ってしまう、自然にしてしまう日本的行為は?
  • 日本で驚いて、いまだにその行為をやってしまう、もしくは懐かしんでしまうものは?

まずふたりとも、ハモるように声を揃えたのが「ウォシュレット!」洗浄器付き便器のことを真っ先に挙げました。でも、もういいよ、それ。

みんな知ってる、THE NIPPONだし、目新しくもない。まず、真っ先に上がるものだし。10年言われてきたし。それに、マンハッタンにも、すでに結構、洗浄器付きのトイレが入ってきました。

他にはない?と聞くも、ふたりとも「でも、あの衝撃は忘れられないよ」「そうそう、癖になったもの…」と平成も終わるこのご時世で、まだウォシュレット談義に花を咲かせます。よほどのショックだったのでしょう。

例えばさ、電話中についついお辞儀しちゃうとか、電車待ってる間に、ついつい傘をゴルフクラブのようにスイングしちゃうとか…。なかなかお尻洗浄から離れないふたりに、こっちから(反則だけど)水を向けます。期待していた答えを促す。

ふたりとも…「別に…」「アタシ、ゴルフしないし…」とキョトン顔。マシューが「あ!お花見の習慣?あんなもの、故郷にもここにもないもの」

ミカちゃんが、「あと、100円ショップ!あんな安くてクオリティーいいものが1ドルなんて!」…それも、もういい。よく聞く話で、これまた目新しさもない。100円ショップのクオリティーの高さは、すでにここでも書いてる。

例えばさ、SUICAはどう?ICカードの乗車券。便利じゃない?なつかしくない?こっちにもあった方がよくない?あとは、駅のコインロッカーとかさ。こっちにはないじゃん。あった方が便利じゃん。面白くもない答えばかりのふたりに、またまた反則で、こっちから振ってみる。

ふたりとも…「別に…」「クレジットカードで事足りるじゃん。コインロッカーなんて、ないならないで」と、またキョトン顔。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • そんな事しちゃうの日本人だけ。NY住人から見た「日本あるある」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい