最高の上司は部下の心に火をつける。指示待ち社員を作らぬ育て方

 

子どもたちが自立自律型の人財へと成長していくためには、3つの段階があるように思います。

まずは、目的地を指し示して子どもたちに細かい地図を渡す段階

次は、本号でテーマにしました目的地を示してそこまでのプロセスは、子どもたちに任せる段階

そして最終的には、子どもたち自身が目的地を明確にするとともにそこに行き着くまでのプロセスすべてを自ら意思決定していく段階

こういった段階を子どもの頃から様々な場面において体験、経験していくことによって、一歩ずつ自立自律型の人財へと成長していくのではないでしょうか。

平凡な教師は言って聞かせる。よい教師は説明する。優秀な教師はやってみせる。しかし最高の教師は子どもの心に火をつける。

この言葉は、ウィリアム・ウォード氏の言葉です。教師の部分は、「リーダー」「コーチ」「監督」など、色々と置き換えることができますね。人の成長に関わる人たちに共通して大切な考え方姿勢ではないでしょうか。

やはり、目的地を決めて、そこに向けて、様々な過程を経ながら進んでいくためにも、その人自身が主体的に進んでいくという心構えを持つことが大切でしょうね。

image by: Shutterstock.com

いしまるとものぶこの著者の記事一覧

自分で夢をみつけて、学び、考え、決断し、情熱をもって行動できる力、「起業スピリッツ」を持つ子供がこれからの社会で求められています。子供を持つ人たちに一読してほしいメルマガです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 起業教育のススメ~子供たちに起業スピリッツを! 』

【著者】 いしまるとものぶ 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 最高の上司は部下の心に火をつける。指示待ち社員を作らぬ育て方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい