被害児童の7割がいじめを打ち明けない現実を前に親がすべきこと

shutterstock_760999171
 

10日間という大型連休も終わり学校に行き始めた子供たちの前に、ちょっとした変化が起き始めることもあります。困ったことにその変化はいじめに発展することも多いうえ、被害児童は親にいじめられていることを打ち明けられないというデータもでているようです。今回の無料メルマガ『いじめから子どもを守ろう!ネットワーク』ではそんな実態の詳細を紹介するとともに、いじめの起きやすいこの時期に親がすべきことを解説しています。

「5月」をむかえるにあたって

5月に入り、平成が過ぎ去って、令和の時代が到来し、日本は祝賀報道であふれています。4月からの新しいクラス、新しい学年を迎えて、さまざまな出会いを経験した子どもたちも新しい環境に馴染みつつあります。令和を祝う今年だけの特別な10日間、長いゴールデンウィークも終わりました。

学校に慣れ始める5月です。「慣れ」は良いことでもあるのですが、慣れ始めは問題が起きることも多いものです。

保護者としては、過渡期とも言えるこの時期の子どもたちの言動には注意を向けておくことがとても大切だと思います。特にいじめに関しては、子どもたちが親に話したがらないものです。

今週、「『恥ずかしくて…」イジメを両親に相談できなかった人は6割に迫ることが判明」という記事がネットに配信されていました。

ちなみに、「ニュースサイトしらべぇ」というサイトで、アンケート調査を実施し、そのデータを元に独自の切り口で報道するウェブメディアと紹介されておりました。

記事によると、全国の10代から60代のいじめを受けたことがある男女720名を象に調査したところ

  1. 全体の6割近くの56.1%が「親に相談できなかった」とのこと
  2. 男性の49.8%に対して女性の61.1%はいじめを打ち明けられなかったと回答
  3. 一番現役に近い10代は、男子71.4%、女子61.4%が相談できなかったと答えている

などの特徴が挙げられていました。

注目すべきは現役世代の数字です。7割ということは、ほとんどの子は親にいじめの相談はしないと理解しておくことが大切だと思います。また、いじめが判明した場合に、ついつい、「いじめられていることを言わないあなたが悪い」と子どもを叱りたくなるものですが、責めることはやめてあげてください。

ましてや「いじめられるのは、お前に悪いところがあるからだ」などという言は傷つけるだけ、何のプラスも生みません。本人は、十分につらいのですから。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 被害児童の7割がいじめを打ち明けない現実を前に親がすべきこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい