犠牲になるのは受験生。記述式問題にしてはいけない大学新テスト

shutterstock_1287842263
 

大学入試に向け長い時間をかけて臨む受験生たち。だからこそ出来うる限りの公平性は担保されるべきではないでしょうか。しかし、大学入学共通テストに導入される予定の「記述式問題」には、大きな問題がはらんでいるとのこと。今回の無料メルマガ『親力で決まる子供の将来』では、著者で漫画『ドラゴン桜』の指南役としても知られる親野智可等さんが、「できないことをやろうとしている」教育改革の構造と評価の本質について論じています。

大学入学共通テストの記述式問題はやめるべき マークシート方式が合理的

私は、東洋経済オンラインに次の記事を書きました。

● 大学入試“新テスト”採点基準の恐るべき曖昧さ 「50万人の答案」は”公平に”採点できるのか

今回は、そこに書き切れなかったことを書きます。

東洋経済オンラインの記事には、国語の記述式問題の採点には公平性の点で大きな問題があると書きました。もっとはっきりいうと、そもそも「50万人分の記述式問題の解答を1万人の採点者が20日間で公平に採点することなど不可能なのです。

50万人の受験生ですよ!

これほど大規模な試験では、従来のマークシート方式が一番合理的でありまたそれしか方法はないのです。それに、今まで大した混乱もなくやってきているという実績もあります。

では、これほど苦労しながらも記述式問題を出すのはなぜなのでしょうか?文部科学省のサイトで、「なぜ記述式問題を導入するの?」の項目には、次のように書かれています。

記述式問題の導入により、解答を選択肢の中から選ぶだけではなく、自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価することができます。

ここには非常に理想的なことが書かれています。まさに、文句のつけようがない正論です。その結果、理想論に引きずられてできもしないことをやり始めて大混乱しているというのが現状です。

そして、「理想論に引きずられて大混乱」というのは今に始まったことではありません。日本の教育改革は常にこういうことを繰り返してきています。まず始めの会議で、「有識者」たちが素晴らしく理想的なことを語り合います。「○○審議会」「○○教育審議会」などと呼ばれる会議です。そして、できあがった理想像を発表します。

この場合、現状はどうなのかとか実際にそれできるのかということは、ほとんど問題にされません。なぜなら、この「有識者」たちは、実際の現場を知らない人たちで構成されることが多いからです。スポーツで実績があった人、メディアで著名な人、文化人、政財界の大物などだったりします。

そして、それを受けて役人たちが実際の作業に入ります。すると、だんだん「これは無理だよね」ということがわかってきます。でも、もう発表してしまっているので後戻りできません

役人や現場に近い人たちが、一生懸命つじつまを合わせようと、発表された文言をいろいろに解釈しながら何とか形あるものにしていきます。今回の大学入試改革も今この段階です。

紆余曲折を経て何とか実行段階に入って、さらにいろいろな問題が表面化してきます。そして、何年かやってから取りやめになったりいつの間にかフェードアウトしたりします。日本の教育改革はいつもこういったことを繰り返しているのです。

ここでもう一度よく考えてみてください。先ほど触れたように、記述式問題を取り入れる理由について、「自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価する」と書かれていますが、本当にこういうものが評価できるのでしょうか

評価するとは、つまり点数化するということです。関係者たちは、「思考力・判断力・表現力」なるものを点数化できると本当に思っているのでしょうか?「この人の思考力は何点だ。判断力は何点だ。表現力は何点だ」というように点数化できると本気で思っているのでしょうか

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 犠牲になるのは受験生。記述式問題にしてはいけない大学新テスト
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい