日本は何も期待できない国。若者意識調査の結果が示す厳しい未来

shutterstock_1140417614
 

少子化や改善しないデフレなどといった暗い話題ばかりを伝える日本のジャーナリズムが、我が国の若者の意識に悪影響を及ぼしてしまっているようです。国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは、今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、欧米やアジアなど計9ヶ国の若者に最近実施した意識調査の「深刻な結果」を紹介するとともに、次代を担う日本の若者が未来に希望を持てない現状を打破するため「打つべき手」について考察しています。

日本の若者は国の未来をどう考えているか?

先日、「国や社会を変えられると思う若者は5人に1人」というニュースを見ました。これを見た後、クセでネタ元を見てみました。ネタ元は、日本財団が11月30日に出したレポート「18歳意識 調査『第20回 社会や国に対する意識調査』」です。

調査された国は、インド・インドネシア・韓国・ベトナム・中国・イギリス・アメリカ・ドイツ・日本。対象は、17歳から19歳の男女。回答数は、各国1,000名。この中で、「自分の国は将来どうなるか?という質問がありました。答えは、「良くなる」「悪くなる」「変わらない」「わからない」です。

これ、もちろん「良くなると思っている方がいいですね。「自分の国は、これから『良くなる』」と考えている人の%は?

ドイツは、21.1%。ドイツは欧州の覇者ですが、「良くなる」と考えているのは、21.1%しかいない。韓国は、22%イギリス、25.3%。ブレグジットで、不安なのでしょうか?アメリカ、30.2%。9年間も経済成長がつづいているのに、あまり高くありません。インドネシア、56.4%。半分を超えてきました。インドネシアは、まだまだこれからですね。日本企業もたくさん出ています。ベトナム、69.6%。7割が、「ベトナムは、将来よくなる!」と信じている。ベトナムも、インドネシアと同じで、これからです。インド、76.5%。5年前クレムリンメソッドに書きましたが、これからはインドです。インドは10年後、アメリカ、中国に並ぶ経済大国になっていることでしょう。中国96.2%!!!!!!!なんというポジティブさ。「これから、アメリカにとってかわって覇権国家になる!」という感じなのでしょうか?

あれ?日本は?

意図的に外しました。

問題です。「日本は将来良くなる」と考えている17~19歳の若者は、何%でしょうか?紙に答えを書いてから、先にお進みください。どうですか?「まあ、韓国よりは上だろうな~」などと想像しているでしょうか?「でも、中国ほどではないだろうな?」とか。

書きましたか?では答えを。

 

 

 

9.6%!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

9か国中、ダントツビリです。1位中国の10分の1しか、「良くなる」と信じている若者はいません。7位韓国、8位ドイツの半分以下です。これは、深刻な状況といえるでしょう。なぜか?

すべての物事は、まず「心の中」ではじまるからです。結婚も離婚も、まず心の中で起こる。就職も転職も、まず心の中で起こる。起業するのも、まず心の中で起こる。「日本国は悪くなる」と思っている人が大半なら、本当にそうなる可能性が高くなります。

日本は将来よくなると考えている17~19歳は9.6%。「悪くなる」と考えている人は、37.9%もいます。「変わらない」が20.5%。「わからない」が32%。

なぜ、そうなった?

17歳から19歳の男女が、熱心に日本情勢を分析して、「日本はこれから悪くなると判断した」とは思えません。もちろんそういう人たちもいるでしょうが、ほとんどは、「巷に流れている情報に影響されて」ということでしょう。そして、「巷に流れている情報」を素直に聞いていれば、「日本国の未来は真っ暗だ」と信じてしまうでしょう。

私は、28年ぶりに日本に戻り、とても幸せです。日本人は、相変わらず優しく、誠実で、正直で、勤勉です。日本国は、相変わらず安全で、清潔で、自然が豊かです。しかし、28年前にあった大事なものが、一つ失われていることに気がつきました。それは、【希望】です。日本人は、希望を失っています。なぜ?

一番大きな問題は、少子化」でしょう。このままいくと、2050年、日本の人口は1億人を割ります。2100年には、5,000万人を割ると予測されている。つまり日本の人口は、今の韓国レベルになり、GDPは世界3位から世界12位ぐらいまで転落することでしょう。そして、99%の学者、専門家、評論家は少子化の流れは決して変えられない!と断言している。こんな間違った情報に洗脳されているので、若者は日本の未来に希望を持てないのです。

なぜ、間違った情報なのか?ロシアは、1999年の出生率が1.16だった。しかし、政策で出生率を上げることに成功し、今では1.75になりました。ロシアの人口は1億4,000万人強。日本より2,000万人ほど多い。この国では、毎年190万人、つまり日本の倍子供が生まれています。だから、「少子化の流れは絶対変えられないというのは、ひどいフェイク情報です。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 日本は何も期待できない国。若者意識調査の結果が示す厳しい未来
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け