信じがたい暴挙。卒業文集から一方的に削除された女子生徒の作文

shutterstock_756908014
 

入学して間もなくいじめの対象となり、卒業まで学校に通えなかった女子生徒の作文を、意味不明な理由で卒業文集から削除するという暴挙に出た名古屋市立中学。2018年に発覚した信じ難い「事件」ですが、当時の管理職や教職員たちは揃って出世、もしくは天下り先で安穏な生活を送っているようです。今回のメルマガ『伝説の探偵』ではこれまで数々のいじめ事件を解決してきた現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、削除された女子生徒の作文を公開。さらに当案件で学校側が被害者に対して行った仕打ちの数々を改めて紹介し、彼らの「嘘」や「隠蔽」を白日の下に晒しています。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

消された卒業文集

※ 掲載にあたりご本人と保護者の方からの許可を得ています。

※ 掲載にあたりご本人と保護者の方からの許可を得ています。

これは幻の作文となった。

なぜなら、この中学校の校長ら(主に教頭が主導)が、彼女(被害女子生徒Xさん)の作文を卒業文集に載せず、他の生徒のイラストをそのスペースに載せたからである。

この中学校の卒業文集は2冊ある。

他の生徒に配布された卒業文集は、上の作文の代わりにイラストが載った。そして、彼女の保護者には、作文を切り取って貼り付けた卒業文集と他の生徒が持っている卒業文集の2つが提示されたのである。

「どちらを買いますか?」と担当者は質問したのだ。

ふざけた質問である。

個人情報については黒塗りをしたが、この作文を読んで不快に思う人はいるであろうか?いじめの加害者は不快に思うであろう、この件を隠ぺいしようとした教職員も不快に思うかもしれない。

卒業文集に彼女の作文を載せなかった理由、それは「不快に思うから」であった。

これを世間一般では、いじめ行為推進校による専制政治が引き起こした横暴というのである。

いじめ事件

愛知県名古屋市、いじめによる被害やその隠ぺいが激しく起きている地域である。

2015年6月23日、校外学習でイルカショーを見に行った際、いじめの被害者であるXさん(当時中学1年生、女子生徒)は、友人のHさん(同級生)からそれ以前にもらった某キャラクターのタオルを使った。

このタオルを見た同級生のCさんが以前Aさんにあげて、なくなったものと同じタオルだと騒ぎだした。

つまり、被害者Xさんは、友人のタオルを盗んだ窃盗犯として吊るしあげられたのである。

それ以前、Xさんは別の同級生(Xさん不登校の後にターゲットとなり卒業まで不登校となった)に対する嫌がらせを強要されており、これを断ったことで、いじめのターゲットにされた可能性が高い。

Xさんは、この冤罪事件を機に学校にいけない状態になってしまった。

いじめ防止対策推進法第2条、いじめの定義から、これは「いじめ」であったと認定できる。いじめの定義は勝手な解釈をするなという通達が何度も出ている。つまり、それだけ勝手な解釈が多く、特に似非第三者委員会による横暴な解釈で、いじめ認定が進まず、再調査委員会でいじめが認められるケースが多数見受けられるようになった。

正当かつ公式な解釈は、方程式のごとくハッキリしているのである。

  1. 一定の関係性があり
  2. 何らかの行為があって
  3. 被害者が心身の苦痛を感じている

という3つの条件がそろえば、「いじめ」なのである。つまり、本件で言えば、

  1. 同級生もしくは同学年での出来事
  2. タオルが盗まれたものだという言いがかりをつけられ、犯罪者扱いをされる
  3. この出来事によってXさんは心身の苦痛を強く感じ登校できなくなってしまった

というように3条件がそろっているのである。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

print

  • 信じがたい暴挙。卒業文集から一方的に削除された女子生徒の作文
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け