【突然死の科学】“不眠を気合で克服”は原始時代まで?意外と知られていない「睡眠」の重要さ

PrinceOfLove/ShutterstockPrinceOfLove/Shutterstock
 

「睡眠」は体にどう影響しているのか?

どうせ言うだろうな・・・と、思っている通りです。

食事・運動・睡眠

この3つで体は構成されています。食事は食べた物が栄養になるから分かる、運動も運動すれば筋肉が付くし血流が良くなったりするから分かる、同じように睡眠時間も大事です。

あれ? ちょっとまってください。睡眠って何をしてるんでしょう? 運動も食事も睡眠も、どれもこれも健康を維持するには必要と知っていますが、どういう風に役立っているのかは意外と知らないものです。そこで今回は「睡眠」ってどう体に影響しているのかを見ていきます。

かつて人間の睡眠時間は単に体を休ませているだけ、ちょいちょい休めば実は不要なのでは? と研究された時代がありました。不眠でどれだけ耐えれるか競い合った時代もあったようです。その実験結果から分かるのは、3日目あたりで意識のレベルが明らかに低下、判断力、思考力、計算力、脳ができる仕事がどんどん低効率・低能力になっていくことが分かっています。

そして5日目あたりからは夢なのか現実なのか分からない状態が続き、最終的に幻聴・幻臭・幻覚、幻のつくものは全部発動、その後はすべての被験者が10数時間の睡眠をとり、完全に元に戻るには数日以上かかるというものでした。

また、寿命の短いマウスを電気刺激で眠らないようにしたところ、2週間で死に至るという実験結果もあります。

睡眠はまだ完全に解明されたわけではありませんが、寝ている間に情報処理の最適化を行っているとされています。

また運動神経が成長するのも睡眠中です。前日なんとか乗れた一輪車が、次の日にはびっくりするほど乗れるようになっていた・・・といった感じに似た感覚は誰しもあるでしょう。単身外国に行って異国語に囲まれていても、数日でなんとなく分かるようになってくるのもまた、そうした脳の無意識下の情報処理の賜なのではないでしょうか。

また、睡眠中は臓器の再生の場でもあります。脳内では神経伝達物質の素材が再生産され、次の日の情報伝達に備えられます。内臓も、消化酵素で傷ついた粘膜を再構築し、必要以上の活動をとめて、起きている間に起こる得るストレスに対する準備をします。

睡眠時間というのは次の日を快適に送るための回復時間であるわけです。そしておよそ6~8時間程度の睡眠時間で、人間は次の日に備えることができます。

故に、この睡眠の質が悪いと、次の日の生活の質が下がるわけです。なので1週間以上続く不眠や、過眠といった症状が出た場合、別にちょっと寝れないだけ・・・と考えず、悪化する前に、心療内科などの病院で治療を受けるべきなのです。

「精神科や心療内科に通って、睡眠薬なんてものをもらうようになったら人間終わり、不眠やストレスなんてものは精神力が足りないだけ」・・・そう考えて良いのは、森の中の原始の暮らしをしている場合だけです。少なくとも人工の灯りや、高速移動など、人類が未だ体験したことのない、超高密度情報社会に生きる以上、歪みは生じて当然なのです。

不眠が“かすり傷”の間に手を打っておくべきだった、と後悔するのは、体に大穴が空いてからでは遅いのです。風邪薬の副作用で眠くさせるだけの睡眠補助薬なんて飲んで、ごまかしていたりすると、手痛いしっぺ返しを喰らうかも・・・しれません。

では、その睡眠する時間をどうやって作るか? ・・・睡眠の質を上げればいいのでしょうか?

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    「定年を前に、住宅ローンが…」そんな悩みを解決する画期的方法とは
    (SBIエステートファイナンス)
  • 【突然死の科学】“不眠を気合で克服”は原始時代まで?意外と知られていない「睡眠」の重要さ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい