なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育

shutterstock_554545771
 

学校法人森友学園が開校予定の「日本初の神道小学校」と安倍総理との関係を巡るニュースが連日報道されています。明治時代に回帰するかのような同小学校の教育方針や理念も大きな話題となっていますが、「明治の教育が日本の価値を上げたわけではない」とするのは、メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さん。津田さんは、世界に高く評価されている日本の精神的高潔さを維持するには「戻るべきは明治ではなく江戸時代」とし、その理由をわかりやすく、そして納得の筆致で記しています。

日本の価値を上げた原因を探る

森友学園の教育に感動して、安倍首相は奥様を名誉校長にしたが、明治の教育が日本の価値を上げたわけではない。それでは何が日本人の性格を決定したのであろうか? それを探る。

日本人の高潔さが世界的に評価されている

中国人観光客が日本を訪れ日本人の高潔さ、時間の正確さ、街の綺麗さ、人の礼儀正しさなどに感動している。欧米人も同様のことを言っていたが、今までは論語を教育されている中国、韓国も同様であろうと勝手に想像していたし、論語は中国の孔子が書いたので、中国の方が上と考える人も多かった

しかし、中国人観光客が日本に来て、日本の方が論語を体現していると言っている。この原因は何か、日本は江戸時代に論語を寺子屋で教えていたが、中国は論語を大夫の教えとして、庶民には教育しなかった。それに対して、日本では寺子屋で教育された率は、江戸市民の80%以上と論語が社会に浸透したことで、庶民の教えとなったのである。

それを戦後教育で禁止したことで、徐々に倫理観がない人が増えたが、それでもまだその考え方が社会に浸透しているので、今は維持されているのだ。

もう1つ、中国から入れたのが道教である。自然が豊かで、その自然をそのままに維持しているのは、道教を卑弥呼が取り入れてそれを日本古来の自然崇拝と統合して神道にしたことで、日本の縄文人からの自然観も維持できたようである。昔の自然信仰に宗教的な色を獲たことで、今に残ったようだ。

時代が下がって、南宋が潰れた時に貴族が亡命してきたが、この時入れたのが「内倹の心」である。きらびやかではなく、内心を落ち着かせ、ゆったりした心を体現することであるが、鎌倉五山、京都五山文化として坐禅と庭園、書院作りの文化を取り入れ、わび・さびというキンピカではない文化を確立した。これが、今の日本を落ち着いた文明にしている。

このように、漢民族の良さを日本はよりよく取り入れている。しかし南宋以後、漢民族ではなく異民族支配になり、漢民族が持っていた優れた文化が中国では失われている。異民族の強引さがないと潰されるという感じが強い。礼儀より武力という感覚である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ、神道小学校の理念は間違いなのか。誤解された明治時代の教育
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい