「温泉は五月病に効果あり」長年うつに苦しむ元旅行誌編集長が断言

shutterstock_187630916
 

「温泉に行ってのんびりお湯に浸かって、美味しいものを食べて、ストレス解消!」などというフレーズはいろいろなところで聞きますが、実際に温泉は「ストレス」に効くのでしょうか?今回のメルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』では、著者で元大手旅行雑誌編集長の飯塚さんが、自身のつらい「うつ病体験」を告白。そんなときに温泉に行って症状が和らぎ、温泉の不思議な効果を感じたという「実体験」をせきららに綴っています。

温泉は五月病に効果あり、なのである

五月病」なる病がある。 何となくわかるけどはっきりした定義が不明、と思って調べたら、ウィキペディアには次のような解説があった。

五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。 日本においては、新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると、人によってはうつ病に似た症状が、しばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。 医学的な診断名としては、”適応障害”あるいは”うつ病”と診断される。 発症に至る例としては今春に生活環境が大きく変化した者の中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出す、長い休みの影響で、学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、ゴールデンウィーク明け頃から理由不明確な体や心の不調に陥る、というものがある。

この解説を読んで、まったく人ごとではないな、と思った。 というのも、僕がうつの洞穴に落ち込んだ日もGWあけの出勤日の朝だったのである。 その、凄まじくリアルな落ち込みの瞬間とその後半年ほどの経緯については、拙著の『うつ…倒れる前のずる休み』に書いた。 今は古本でしか手に入らないが(どこかで文庫化してくれないかなぁ)。

51PMS3SMK9L._SX331_BO1,204,203,200_

うつ…倒れる前のずる休み―実録 うつ病との壮絶140日間闘病記

(ブレーン出版、2005年)

ちなみに、最近、悲惨なうつで仕事を2年も休んでいる知人も三連休明けの翌日に体が動かなくなった、と話していた。 なーんだ、同じじゃんか。

恥ずかしながら、僕はいまだにこの病で1日35錠もの薬を飲み15年以上も病院へ通っているのであるが、主治医がwikiの解説とまったく同じことを話していたのもまた、事実である。 いわく、「異動とかで上司が変わる、これが気の合わない、ろくでもない上司で、1か月間ずっと我慢に我慢を重ねる、すると、その我慢の糸が切れるのがちょうど5月頃というわけなんだよね。 だから、5月くらいには確かに新規の患者さんが多いんだよ。 必然、なんだろうね」。

威張ることでもないのだが、さすがに15年以上も病と付き合っていると、僕もうつ病に関しては相当に詳しくなる。 むろん経験値が上がるからだ。

先の主治医は、完治に何より重要なのは周囲の理解だと言い、「僕はまず、根本的な対策として”うつ病”という病名でなくなればいいと思っている。 うつっていうから、憂鬱のひどいヤツナンでしょ? とか考える人が出てくるんだ。 実際は、気分の問題だけではなくて、脳内分泌物の変化があって、あきらかな医学的な変調であるのに、根性がないとかいわれがちなんだよね。 なったことがない人にしかわからないというのも厄介だよ」。

まあ、最初に穴ぼこに落ち込んでしまったときにはもうどうにもならない、というのが実体験。 なにもやる気が起きず、歯も磨けず、顔も洗えず、むしろ会社を休んだことの罪悪感の方が大きくて、最初の1週間は最低だった。

が、徐々に薬が効いて、いろいろとそれなりに回復してくると少しは体が動くようになってくる。 そういうときに薦めたいのが温泉である。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「温泉は五月病に効果あり」長年うつに苦しむ元旅行誌編集長が断言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい