日本市場に見切りをつけた日系大企業が海外で大ブレイクしている

shutterstock_260518553
 

日本企業が生き残りをかけて、次々に海外へ進出しています。NY在住で『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者・りばてぃさんによると、海外進出している日系企業の数は過去最多。多くの有名企業が「人口減少」に拍車がかかる日本の将来を懸念して海外事業に力を入れ始め、その営業努力が受け入れられ、売り上げ向上に繋がっているのだとか。一体どんな企業が海外で人気を博しているのでしょうか?

歴史上もっともグローバル化している日本!?

(1)いろんなところに日系企業の商品

市場調査や取材で街歩きをしていると、けっこういろいろ新たな発見があって、中には意外な事実に驚かされることも。

先日、メルマガのあとがきでも軽く触れたが、日本の下着メーカーのワコールが、アメリカの小売店にけっこう進出しているのだ。

女性用商品を取り扱うブティック他、マンハッタン内にある各種デパートでは必ずといってワコールの商品を取り扱っている

高級デパートのバーグドルフ・グッドマンに、サックス・フィフス・アベニュー。

老舗デパートのメイシーズに、ブルーミング・デールス。

そして、ロード&テイラーは下着売り場フロア全体の3分の1もの広さをとってワコール商品を販売している。

とにかく、ワコールさんの商品をマンハッタン内でよく見かけるのだ。

あまりにもよく見かけるし、ロード&テイラーの売り場面積の広さが印象的だったので、実際の売上を調べてみた。

そしたら、なんと、2016年度のアメリカでの売上が200億円超!? もあるという。

また、海外事業強化する3か年計画を2016年4月からスタートし、中期経営計画の業績目標数値は連結売上高で2,150億円以上、連結営業利益150億円以上を目標にしているそうだ。

(ご参考)

以前からワコールさんの商品を見かけるなぁなんて思ってはいたけど最近特に目にするようになったのは、海外事業を強化している営業努力によるものなのだろう。

ニューヨークでよく見かける日系企業の商品と言えば、ワコールさんだけじゃない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日本市場に見切りをつけた日系大企業が海外で大ブレイクしている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい