ティファニーが凋落へ。失墜したブランド価値は再び輝くのか?

shutterstock_653278840
 

ブルーの箱に白いリボンが特徴のジュエリーブランド「ティファニー」。日本で一時期、圧倒的なブランド力を持っていましたが、昨今は業績不振に陥り、2月には米CEOも退任に追い込まれました。今回の無料メルマガ『顧客を喜ばせる世界の成功企業最新戦略紹介』では、著者で米国ビジネスモデルコンサルタントの清水ひろゆきさんが、なぜあのティファニーが追いつめられたのか、その原因に迫っています。

あのティファニーが業績不振。顧客が納得するブランド価値とは?

1837年の創業以来、アイコンカラー「ティファニーブルー」でラグジュアリー贅沢な、豪華な・ジュエリーブランドの地位を確立していた、米ティファニーの業績が芳しくありません。

5月26日の日本経済新聞によると、ティファニーが5月24日に発表した2~4月期決算では、既存店売上高が米のみならずアジア太平洋、日本でも減り、世界あわせて前年同期比3%減にとどまったということです。もっとも深刻なのは売上高の4割を稼ぐ最大の米国市場で、同期の既存店売上高は4%減と、世界全体を下回りました。売上高も3%減の3億9200万ドルにとどまり、不振が続いています。

輝きにぶるティファニー(日本経済新聞「NY特急便」) 

最近ではCMにレディガガを起用し、若者層を取り込むべく動いているティファニー。「白いリボンとブルーの箱」に象徴されるティファニー独自の「ストーリー」は、顧客からの支持を得られなくなってきたのでしょうか?

常に時代の流れに沿い、デザインというコンセプトで顧客の変化に対応してきたティファニーが、なぜ売れなくなってきたのか

その原因は、ジュエリーというカテゴリーで勝利するためのブランドのポジショニングが時代のブランド価値と乖離してきたからなのです。

ティファニーは、ラグジュアリーブランドか? それともファッションブランドか?

世界5大ジュエラーは、誰もが聞いたことのある憧れのジュエリーブランドばかりです。

  • HARRY WINSTON ハリーウィンストン(アメリカ)
  • Cartier カルティエ(フランス)
  • TIFFANY & Co. ティファニー(アメリカ)
  • BVLGARI ブルガリ(イタリア)
  • Van Cleef & Arpels ヴァンクリーフ&アーペル(フランス)

このうちアメリカ・ブランドはティファニーとハリーウィンストンのみ。

ジュエラーが「ラグジュアリー」というブランド価値で秀でるためには、誰が認めたのか? という格付けが不可欠なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ティファニーが凋落へ。失墜したブランド価値は再び輝くのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい