パーキングメーターの「謎の手数料」に、警察OB天下り団体の影

parking
 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役の警察官Tさんへのインタビューで「自転車の取り締まり」に関する裏話を暴露する当シリーズ。「警察の適当な違反キップ処理」について語られた前回に続き、今回は当たり前のように見かけるけれど意外と知らないパーキングメーターと警察の関係性が明かされています。

軽車両の自転車はどこまで車両や歩行者と共存できるのか? その8

【関連記事】 自転車の危ない逆走を止めろ。「自転車ナビライン」のビミョーな制度

Tさん:自転車ナビライン・ナビマークが道路の左側へ敷かれているだけで、路上にクルマを駐停車しなくなっているドライバーが増えたのは良い傾向ですし、ドライバーの方々がここにクルマを止めたら自転車の走行を妨害してしまうと懸念してくれていることもあり、私たちにとってはナビライン・ナビマークのおかげで路上駐車が減っている現状を良いことだと思っています。

吉田:いえ、自転車ナビライン・ナビマークができたばかりの頃(確か4年ぐらい前だったかな?)って、路上のパーキングメーターを撤去までして路上へ自転車用のペインティングしている様子を見かけました。ですが……次第にパーキングメーターを撤去せず、メーター設置道路だけにはナビライン・ナビマークを敷かずにわざわざ飛ばして、次のブロックにペインティングするようになったんですよね。あれはなんだったんだろうと気になっていたんですが、それこそ天下り法人がクルマを駐車した時の謎の”手数料”がもらえなくなるから(パーキングメーターを撤去しないように)難癖付けたとしか思えないんですよ。

Tさん:うーん、それはどうなんでしょうかね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • パーキングメーターの「謎の手数料」に、警察OB天下り団体の影
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい