【書評】盗まれたノーベル賞。日本人の発明を横取りしてきた米国

1010_creater
 

日本出身の作家、カズオ・イシグロ氏が文学賞を受賞するなど、今年も大きな話題となったノーベル賞。まさに世界的な権威を持つこの賞ですが…、「これまでアメリカは日本人からノーベル賞を盗んできた」と主張するのは、週刊新潮で超辛口のコラムを発表している高山正之氏。なぜ氏はそう断言するのかが、無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが取り上げている1冊で詳らかにされています。

614lgAhI3-L

変見自在 サンデルよ、「正義」を教えよう
高山正之・著 新潮社

残念でした、今年のノーベル賞。高山正之『サンデルよ、「正義」を教えよう』を読んだ。週刊新潮の超辛口名物コラム「変見自在」をまとめた書籍をシリーズ化したもので、文庫化が遅いのが残念。このシリーズでたびたび出てくるのが、「盗まれたノーベル賞」の話だ。

日本人は猿真似民族」なる悪口を言い出したのは、日露戦争で日本が勝利したのを一番嫉妬したアメリカ人、とくにオランダ系ジャーナリズムだった。その時期、高峰譲吉がアドレナリンの結晶抽出に成功した。その世界的偉業にジョン・エーベルが「高峰が俺の発見を盗んだ」と言い掛かりをつけた。彼は羊の副腎から抽出したと主張したが、後に嘘とわかった。それでもノーベル賞。

米医学界はそれを知りながら、今もアドレナリンを、エーベルが名付けたエビネフリンと呼ぶ。同時期、北里柴三郎の血清療法は、部下だったエミール・ベーリングがノーベル医学賞を横取りした。他にも、高柳健次郎のテレビ受像機や、八木秀次の開発したレーダー受信システム、鈴木梅太郎の発見したオリザニン、武井武が発明したフェライト、みんな白人が盗んでノーベル賞を得た

ディズニーの『ライオン・キング』は手塚治虫の『ジャングル大帝』の明らかなパクリ。ロスの訴訟弁護士たちは、和解で1億ドルと見立てたが、手塚プロ代表が愚かにも「ディズニーに真似てもらって光栄」と回答した。ということで、ハリウッドは訴えられる心配なく日本モノをパクリ放題。『スター・ウォーズ』は石ノ森章太郎や永井豪の作品から盗み、構成も物語も日本アニメが由来だ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】盗まれたノーベル賞。日本人の発明を横取りしてきた米国
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい