「韓国人になりたいと思っている日本女性が急増」は本当なのか

kp20171214
 

かつて「冬のソナタ」の大ヒットで日本を席巻した「韓流ブーム」。ヨン様に熱狂する奥様たち、懐かしいですよね。韓国在住の日本人著者による無料メルマガ『キムチパワー』によると、今年は女性アイドルグループ「TWICE」が韓国籍歌手としては6年ぶりに紅白歌合戦に出場するなど「第3次韓流ブーム」といえる盛り上がりを見せているのだそうです。ただ、これまでの韓流ブームとは支持層に変化が起きてきているのだとか…そこには、日本の若年世代の韓国への強い憧れや関心が見えるようです。

韓流、第三の波

韓国人になりたいと思っている日本女性が急増しているという記事を見てちょっと驚いた。こんな話を聞いて「んなバカな!」「韓国のステマかよ!」と思った人はオジサンなんだそうだとか。時代って変われば変わるものなんだな。

ところで、この韓国人気。2002年頃のあの「ヨン様で有名になった冬のソナタ』(韓国での原題は『冬の恋歌』)を1次ブームとすると、その後「少女時代」「KARA」「東方神起が2次、そして今、第3次の韓流ブームだとか。

TWICEトゥワイス)」っていうガールズグループ。今年2017年末のNHK紅白歌合戦に実に6年ぶりとなる韓国籍の登場決定。18~22歳の9人組の彼女たちは15年にデビューし、16年10月には日本でデビューしていないにもかかわらず、オリコン週間アルバムランキングで10位に入ったというからすごい。日本デビューは17年6月で、ベストアルバムデビューシングル共に同ランキング1位を獲得しいずれもプラチナ認定を受ける大ヒットを飛ばしたそうだ。

これを支えているのが日本の女子中高生。やっぱ、若い子が時代を引っ張っていくんだよな。

ブームの兆しは、「オルチャンファッション」が数年前から人気になっていたこと。韓国語で「顔」を意味する「オルグル」と「最高」を意味する「チャン」を合わせた造語で、直訳は「顔が最高」という意味になり「かわいい一般人」とも訳されている。

メイクは目をバッチリ、眉は並行で太めに、チークはさらっと、といった特徴があり、体のラインを強調しているものなどがある。若者が集まる東京原宿の竹下通りは今やオルチャンファッションだらけだとか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「韓国人になりたいと思っている日本女性が急増」は本当なのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい