今だから、あの「ライブドア事件後」の真実について話そうと思う

六本木ヒルズ livedoor ライブドア事件
 

あれからちょうど12年、2006年1月16日に起きた、あの「ライブドア事件」。当時すでに有名人だった元社長の堀江貴文氏をはじめ、経営陣が次々と逮捕されるという前代未聞の事件でしたが、その後、同社に残って会社を守った経営陣のことについてあまり多く報じられていません。騒動後からライブドアの再建に向けて尽力した一人である高岳史典さんは、自身のメルマガ『銀行とP&Gとライブドアとラムチョップ』の中で、事件当時の知られざる真実をすべて実名入りで数回に分けて赤裸々に綴っています。

ライブドア~あの事件のあとのホントの話(前編)

先日、出澤剛さん(現LINE CEO)と久しぶりに飲んでいるときのこと。

「このあいだ電通さんの社長さんが交代されたとき、わざわざご挨拶に来てくださったんですよ。なんだか不思議な感じがして」

出澤さんが感じた「不思議」が何を指すのかはすぐわかりました。

10年前は呼びつけられて怒られましたもんねぇ

いまは二人にとって共通の笑い話の1つ。

でも、10年前、2007年の僕らは、あらゆるところで怒られ、叩かれ、それでも生き延びるのに必死でした。

2006年1月16日、六本木ヒルズのライブドア社にいきなり東京地検の強制捜査が入ります。

世に言うライブドア事件の始まりであり、社長の堀江貴文さんをはじめ当時の経営陣がことごとく逮捕されるという前代未聞の事件に発展します。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 今だから、あの「ライブドア事件後」の真実について話そうと思う
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい