失望の米朝共同声明。アメリカ本国でも真っ二つのトランプ評価

nakajima20180612
 

全世界の注目の下、12日に行われた米朝首脳会談。署名した「米朝共同声明」ですが、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」にも触れず朝鮮戦争終結への言及もなく、期待外れなものに落ち着いたようです。「CVIDが盛り込まれなかったことは、北が米の追求から逃げおおせたことを意味する」とする専門家の声も聞こえますが、トランプ氏は北朝鮮問題をどのように解決しようと考えているのでしょうか。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、著者でアメリカ在住の世界的エンジニア・中島聡さんが、トランプ氏が目指す「5つの決着」を上げ、それぞれについて検証を試みています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2018年6月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじまさとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

評価は真っ二つ。トランプと金正恩の米朝首脳会談に対する米国民の反応

トランプ大統領と金正恩との対談が注目を集めていますが、米国内での反応は日本のそれとは若干違います。

まず第一に、米国内の世論は「反トランプ派トランプ信者とでほぼ真っ二つに別れています。西海岸の、教育レベルが高く、かつ、移民が活躍しているリベラルな地域の人々はトランプを心の底から馬鹿にしており、逆に中西部から南部にかけての保守的な地域の人々にはトランプは大人気なのです。特に、製造業の仕事が大きく海外に奪われていく中で、街ごと廃れてしまったような地域の人々にとっては、トランプこそが救世主なのです。

リベラルな人々にとっては、今回の会談は中間選挙に勝つため人気取りだし、ナルシストであるトランプの自己満足でしかありませんが、トランプファンから見れば、これはノーベル平和賞に匹敵するほどの快挙なのです。

私自身はリベラルな地域の代表であるシアトルに住んでいるので、トランプ大統領自身はあまり評価していませんが、今回の件に限って言えば、多いに評価しているし期待もしています

今回の動きで、何と言っても重要なことは、韓国・北朝鮮の両国が共に平和を望んでいるし、(何らかの形での)南北統一を望んでいる点です。トランプ大統領は、それを巧みに利用して自分の功績にしてしまう可能性が大きいとは思いますが、それも悪くないと私は見ています。

金正恩の一番の望みは、現在の独裁体制を守ったまま韓国からの経済的な支援を受けることなので、独裁体制を維持できることさえ確認できれば、核兵器の破棄にも応じると思います。要は、金正恩が安心して核を放棄できる環境を整えることが、今回の交渉の鍵なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 失望の米朝共同声明。アメリカ本国でも真っ二つのトランプ評価
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい