中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」

中矢伸一のメールマガジン「飛耳長目」

  • 日本人としての在り方、大切にすべきことがわかる!
  • 預言書「日月神示」から生き方のヒントを学べる!
  • 読者限定!中矢伸一さんに質問ができる!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予言というと真っ先に思い浮かぶのがノストラダムス。しかし、この日本にもノストラダムスの『予言書』を超える預言の書物があることを皆さんはご存じだろうか? その書は『日月神示』と呼ばれ、日本のそして世界の来し方行く末が書かれているという。今回、ご登場いただいたのはその日月神示の研究者である中矢伸一氏だ。これからの日本はどうなるのか? 日月神示には何が書かれているのか? そして中矢伸一とは何者なのか? その素顔に迫ってみた。

中矢さんが研究されている『日月神示』とは、どんなものなのでしょうか?

一種の預言書のようなものですね。この日月神示を書いたのは画家であり、神道研究家であった岡本天明という方なんです。岡本天明という方は霊媒体質で、神霊が乗り移って自動書記によって書かれたものなんですよ。自動書記というのは、神霊が乗り移り、勝手に手を動かしていろいろな物や文字を書いていく現象のことです。

では、日月神示にはどんなことが書かれているのでしょうか?特徴などを教えてください。

日月神示が書かれたのは戦前にさかのぼります。昭和19年6月10日から始まって昭和36年頃まで断続的に書かれています。内容はほぼ漢数字で書かれているという特徴があります。『二二八八○十二ほんハれ(富士は晴れたり日本晴れ)』という感じでカナと記号も混じってきます。でも、筆文字で書かれていてパッと見は意味不明。だからものすごく解読が難しかったそうなんです。書いた岡本天明ですら、自分の右手が何を書いているのかわからなかったそうです。書かれた当初はほとんど読むこともできなかったのですが、岡本天明の仲間の研究者や優れた霊能者が集まって解読していき、ようやくどんなことが書いてあるのかがわかってきたのです。

日月神示の大きな特徴の一つは岡本天明が書いた原文があったということです。残念ながら、その原文自体は散逸してしまって残っていないようですが、写した物が一部残っているので誰でも日月神示を読むことができて誰でも分析ができる。これも大きな特徴でしょうね。

誰でも読むことができるのですか?

はい。できます。

日本には日月神示の他にも預言書とか天啓とされるものはあるのですが、原文から検証できるというものは極めて稀です。

それから、他の預言書と日月神示が大きく異なるのは、他の預言書はたいてい宗教になってしまっているという点なんです。ようするに教祖の方が語った予言だったりメッセージだったりするわけですが、それらはお弟子さんなどが語り継いだものだったり、伝聞だったりすることが多いのです。

ユダヤ教やキリスト教、あるいは仏教にしても、老子や孔子にしても、師が語ったことをお弟子さんが伝え聞き書いたものです。ちなみに宗教の教祖が自ら書いたものとして、一番古い物は今は潰えてしまったマニ教の教祖が書かれた経典と言われています。

中矢さんと日月神示の出会いについて教えてください。

私も中学生の頃にノストラダムスを初めて読んで、地球が滅亡するとか恐ろしいことが書かれていて、そんな事態に本当になるのかと衝撃を受けたんですが、この衝撃がきっかけになったのかもしれませんね。地球滅亡を回避する方法はあるのか? 何か他にも予(預)言書はないのか?と、探していった時に出会ったのが日月神示だったんです。

実は初めて読んだときはそこまで衝撃を受けなかったんです。平成元年に『太神(ふとがみ)の布告(ふこく)』という本が出版されたのですが、それを読んで「あ、これは日月神示というヤツだな」と思って買ったのが最初の出会いです。

先ほどもお話ししたのですが、日月神示は宗教じゃなかったんです。宗教化しようとしたけど、うまくいかなかったと言います。宗教化しなかったことで、神秘化されず、原文に誰でもアクセスして解読することができたんだと思います。そこに私は興味を持ったんです。日本から出た預言とはどんなものなのかと。

それまでも私は日月神示というものを読んでみたいと思っていたんですが、当時は今と違ってネットもないですからね。誰に聞けばいいのかもわからないし、どこで入手できるかもわからなかったから、出会ったときは嬉しかったですね。そして、著者の先生に手紙を書いてお目に掛かり……というわけです。

日月神示の解説者としての一歩を踏み出す。

著者の先生と出会ってから、2日と明けずに先生の家には行ってましたね。今考えると、よくそんな時間があったなぁと(苦笑)。でも、当時は時間があったし、一番興味があったことでしたので。そしてそのうち先生から「全巻本が手に入ったから、一つ譲ってあげようか」と言われて譲ってもらったんです。その後、岡本天明先生の奥さま(岡本三典さん)にもお目に掛かることができて、日月神示の解読に没頭していったわけです。

読んでいくうちに「こんな素晴らしいものが、なんで世の人に知られていないんだろう……」という思いが募っていったんです。当時、私はライターとまでは言えないんですが、英会話の本を出したりしていたんです。その縁で徳間書店とお仕事をしていて、打ち合わせの時に「日月神示っていうのがあるんですよね」というお話しをしたら、興味を持って頂き、「じゃあ企画書を書いてください」と。それで自分ならこういう本だったら買いたいと思うんじゃないかという内容で骨子をまとめたんです。それが企画会議を通ってしまったんです。

予言研究家・川尻徹氏との出会い。

実は‘91年に出した初めての著書『日月神示』にはちょっとした裏話があるんですよ。

『日月神示』の原稿を書いていた同時期、実はもう一冊の本を書いていたんです。ノストラダムス研究家として有名な精神医学博士の川尻徹先生の本をまとめる作業だったんですが、今考えると「日月神示の本を出してあげるから、川尻さんの本もお願いね」ってことだったんでしょう。私もまだこの世界では駆け出しでしたから、仕方なく引き受けることになったんです。

川尻先生の話をまとめるのは本当に大変でした(笑)。先生の話したことをテープ録りしたものがテープ起こし原稿として上がってくるんですが、先生は頭の回転が速すぎて、あちこちに話が飛ぶんですよ。さらに先生手書きの超ユニークな文字で書かれた分厚い原稿、どさっと渡された参考文献の山……もう、付いていくだけでやっとでしたね。特に手書きの原稿はもう“難解”で、その難解さを読者の方にもわかってもらいたいと思って、生原稿をコピーしてそのまま掲載したこともあるんですよ。結局、それから先生の本を三冊お手伝いしたんですが、まぁ、ある意味、先生には鍛えられましたね(笑)。この仕事ができたら他は何でもできるっていう自信が付きましたよ。

中矢伸一さん

日月神示の解読作業について教えてください。

私が日月神示を読むに当たって大切にしているのは、日月神示を降ろした神様は何を伝えたいのか?ということを念頭に読むことです。読んでいてわかったのは、日本人の中に眠っている大和魂や日本精神をもう一度復興してくれと言うことなんです。それができれば大きな災難も小さなものに変更することができ、乗り越えることができるのでは……と思います。

一番いいのは皆さんが日月神示の原文に触れ、実際に読んでみることなのですが、とにかく難解なのでいきなりは難しい。だから、誰かが日月神示に通じる道を作っていかなきゃいけない。私にできることは日月神示を解説して一般の人に日月神示を知ってもらうことじゃないかと。でも、そこには葛藤があって、本当は私の解釈でさえ、挟んじゃダメなのかも……とも思います。なぜなら日月神示は御神霊が岡本天明の肉体を機関として書かれたものだからです。神示そのものが生きているのです。なるべく第三者の意見を挟まずに直接読んでもらいたいとも思うんです。だから、できるだけ解釈ではなく解説。「こういう流れで書かれているから、ここではこういうことが書かれているんですよ」みたいな感じで、わかりやすくしていく手助けですね。

私は日月神示の研究家として、現在はホームページや著書、講演会などでメッセージを発信していますが、よく誤解されがちなのは、私は頑なに日月神示だけにこだわって研究しているわけではないんです。日月神示は私にとって大きな存在ではあります。ライフワークの軸になるような存在ですね。でも、日月神示を読み解くには、いろいろなことを勉強して知っていかなければならないんです。それを知らずに読もうとすると、一種のオカルトとかスピリチュアルの分野のみに留まってしまいます。日月神示が内包するダイナミズムは、そんな小さなものではないのです。

日月神示に書かれたことは先ほどもお話したように、非常に難解で抽象的です。だから、踏み込んで知ろうとすると古書や古代史の歴史を知らなければならないし、それだけではなく、健康に生きるためにはどうすべきか? はたまた運を開くためにどうしたらいいか? 経済の本質とは何か? 最先端の量子力学や宇宙論はどうなっているのか?といったことまで学ぶ必要があるのです。

そういったことを学び、見聞きして日月神示を読み解いていくと、世の中の仕組みそのものを深く知ることになったのです。そこでわかったのは、この社会を牛耳るというか、背後で隠然たる力を持つ“闇の勢力”ともいうべき人々がいるということ。日月神示にはそれが「イシヤ」という言葉で書かれていたのです。ですが、日月神示ではそういった闇の勢力と争うのではなく、いい世の中にするためには手を組まねばならないと書いているのです。

今、世の中にはたくさんの陰謀論が蠢いています。本屋さんに行けば、陰謀論について書かれた数多くの本が並んでいます。日月神示の研究者たちにとって、そういった陰謀論の真偽を見極めることは重要なテーマでもあるのです。

日本を操る「奥の院」とは……

岡本天明さんの時代からこうした闇の勢力については語れられてきたのですが、私も自分の本を次々と出版していくうち、90年代にはいってからこうした闇の勢力の人々との交流が、知らず知らずのうちに始まっていたのです。そういった交流が、かれこれ20年近く続いています。実際の話、具体的なことを書くのはさすがに無理なので、私のメルマガなどでは彼らのことを「奥の院」という言葉で呼ばせてもらい、彼らの動向を許される範囲で、書けるだけ書いています。

秘密結社と言いますと、フリーメイソンやイルミナティなどが有名ですが、奥の院はそういった組織のさらに奥にいる人たちの存在とでもいいましょうか。巷の陰謀論の本では、そういった闇の勢力について煽っておどろおどろしいことが書かれているのですが、私の経験では、奥に進めば進むほど、悪とか善というふうに明確に定義できなくなってきます。さらにもっと奥に進むと、霊的な世界に入っていくんですよ。霊的というのは、考え方が霊的ということです。彼らは、人類の霊性進化を重要視しているし、どうやって地球を、人類の社会システムを変えていくのかという人類全体のことを考えているんです。そこには善とか悪を超えた思想があるんですよ。

中矢伸一さん

日月神示に書かれた闇の勢力

よく「アメリカの大統領は秘密結社の手先だ!」なんてことが言われますが、確かに裏から大統領や首相を操る“シナリオライター”は存在していると言われます。日月神示でも、こうした闇の勢力、悪の存在について書かれています。戦後に書かれた日月神示では「一の大将と二の大将が大喧嘩すると見せかけて、世界をワヤにする(編注:台無しにする)仕組み」について書かれています。また、「悪の総大将は奥に隠れてござるのぞ」とも指摘しています。この神示が降りた当時は米ソ冷戦の時代で、一の大将と二の大将とは、言うまでもなくアメリカとソ連のことで、仕組みとは冷戦構造のことを指していると思われます。

日月神示の中には「イシヤ」と言う言葉が出てくるのですが、イシヤとはフリーメーソンを象徴的に指した言葉と思われます。フリーメーソンとはピラミッドなどを建造した自由石工職人たちのギルド(組合)を自分たちの起源としているので、イシヤはまさにそれを日本語的に表現した隠語なわけです。「世界をワヤにする仕組み=イシヤの仕組み」となるわけで、イシヤの仕組みとは世界を背後から支配する計画のことなのです。

このイシヤと日月神示は手を組めと言っているのです。これは岡本天明さんの時代からの命題で、そもそもイシヤとはなんなのか? どこと手を組めばいいのか? ということで、研究者たちは皆悩んでいたと思います。それがようやく、わかってきたのです。

ノストラダムスの予言で最も有名なのは1999年の地球滅亡についての予言です。日月神示ではどんな予言がされているのでしょうか?

ノストラダムスやファティマ第三の予言など、海外の予言の多くは「人類の滅亡」など悲惨なことについて書かれています。聖書やコーランでも、最後は神の審判により悪が滅ぼされ、信仰篤き善なる者が救われると書かれています。しかし、それらは抽象的な書き方がされているのが特徴です。ノストラダムスの四行詩などはかなり抽象的で難解で、解読する人によって解釈が異なります。

日月神示も抽象的なのですが、だいたいの流れは書かれています。日月神示が書かれた当初はまだ戦時中だったんですが、そこに示された言葉を読めば、「この戦争は負ける」とハッキリ読み解けます。当時は戦争に負けるなんて完全にタブーな発想、発言です。ただ、先ほども話したように何年何月に負けるなど具体的なことは書かれてはいません。大きな流れがそこには書かれていて「負けたようになってまた勝つ」とも書かれています。これはいったん敗戦という形で日本は負けるけれども、復興を果たして高度成長期を迎え、世界をリードする経済大国になることを予言したものと受け取れます。

でもね、「また負けたようになって勝つ」とも書いてあるんですよ(苦笑)。戦争に負けてもなお、経済復興を遂げて世界第二位の経済大国にまでなった……でも、バブルの崩壊でまた負けたということなのか、それともこの先、また大きな戦争が起こるのかはわかりませんが……。

現在、景気のいい国はほとんどありませんよね。日本もそうですが、爆買いにやってくる中国人たちの母国、中国もその内情は火の車です。現在のグローバル資本主義は完全に行き詰まってしまい、このままじゃいけないので人類の社会システムを変えなければならないところまで来ています。それはいわゆる“闇の勢力”の背後にいる「奥の院」の人たちもわかっているようで、実際に社会の大きな仕組み、プログラムを変えていこうとしているのです。

これからの日本はどうなるのか……
日月神示に書かれた未来予想図とは?

皆さんが一番気にされているのは、やはりこれからの日本のことでしょう。経済的にどうなっていくのか? 大きな天変地異が起こるのか? 戦争に巻き込まれていくのか? これらは誰もが気になるところです。もちろん、日月神示にもこれからの日本のことが書いてあります。

日月神示に書かれた大きな流れによると、次は日本の時代が来るというのです。日本が中心となって世界を治めると書いてあります。日本のてんし様、すなわちスメラミコトが世界を平和に治めるというシナリオがあるのです。その前段階として世界的な大きな“禊ぎ”が行われるとあります。その“禊ぎ”の後に日本を中心とした恒久的な世界平和が来るそうなのです。大局的に言うと、これからはもっと豊かで平和で、自由になるでしょう。ですが、短期的に見ると大きな災害や経済的な破綻のリスクもあるでしょうね。

今、日本ではさまざまなことが起きています。しかし、日本人は追い詰められて初めて、大和魂や日本精神を発揮し、それを表に現していきます。3.11のときの助け合いの精神は海外の人の大きな共感を呼び、感銘すら与えました。これも一つの神仕組みなのかもしれませんね。

「てんし」様の存在

日月神示の中には数多くの日本の神々の名前が出てきます。ですが、日月神示は神道とイコールではないんです。実際、神道を批判するようなことも書かれています。何度も言いますが、日月神示は宗教ではありません。しかし、日月神示の存在は宗教的なエッセンスだと私は考えています。キリストや仏陀の教えとは、もともとは日月神示に示されたこととよく似ていたんじゃないかと思うんです。ですから、日月神示はすべての宗教の根元にアクセスするものではないかと。

日月神示には、「てんし様」という言葉がものすごくたくさん出てきます。戦前までは、天皇のことを「てんし様」と呼ぶことがありました。「天皇」という言葉ではほとんど書かれていないのですが、スメラミコトという言葉でも書かれています。天皇の正式な呼び方は「天津日嗣皇尊(アマツヒツギスメラミコト)ですから、ここにも「ひつき」という言葉がありますね。要するに、日月神示とは日嗣神示でもあり、本来なら天皇が直受するべき神示なのです。

そもそも日本にはなぜ天皇が存在しているのか? ということを、われわれ日本国民はもっと深く考える必要があります。日月神示には、てんし様を拝(おろが)めよ、てんし様を大切にせよと書かれているのです。

もちろん戦前の天皇礼賛に戻るわけではありません。そもそも天皇という存在は戦争によって道具として担ぎ出されてしまったのですが、軍の大元帥になるような存在ではなく、あくまで祭祀における中心であり、世界の平和と安寧を祈ることが天皇の仕事です。歴史的にも世界でダントツに古い家柄であり、また世界の支配層からも尊敬の対象となっています。天皇は日本の中心というだけではなく、世界の中心なのです。ですから天皇の果たす役割にもっと関心を持って、自分なりの視点で天皇という存在に心を向けて欲しいですね。やはり日本人の心の中心軸でありますからね。

苦難の先にある未来とは……

3.11以降、日本を様々な苦難が襲いました。しかし、こうした苦難を乗り越えてこそ拓ける道というものもあるのです。もしかすると神様は日本人を鍛え、試しているのかもしれません。苦労をしないで繁栄したところで、それはまたバブルのように、泡と消えるものでしかありません。そんな見せかけの繁栄では、日本はまたダメになるだけです。その行き着くところは、日本の滅亡です。日本は世界の霊的中枢の国ですから、日本が潰れたら世界も潰れるのです。日本人が目覚め、本当に繁栄するということは、お金など“物”が主体ではないのです。豊かになることは大切なのですが、根本的に重要なことは、もっと目に見えない精神的なものでしょう。古来より日本は自然を愛で、さまざまなものに神が宿っているという神道的な発想を持って大自然に感謝し、畏敬の念を抱き、手を合わせて祈ってきました。海や山などの自然の中に神性を見出し、調和しながら一緒に生きてきたんです。自然と人、人と人のつながり、そういった目に見えない物を尊ぶ心の大切さに、もう一度気づかなければいけないのです。

日月神示には「負けたようになって勝つのざぞ」とありますが、私は、今日本が勝っても、本当に日本のためにはならないように思えます。そういう意味では日本人はもっと自分たちの国の霊的な価値に気づかないといけないし、精神的、歴史的な文化に目覚めなければいけないと思いますね。そういう意味での覚醒があって、初めて日本には本当の意味での繁栄の時代がやってくるのです。またそういう日本人の生き方を見た世界の人たちが、影響を受け、憧憬の思いとともに日本人的な生き方を真似していくことで、日本が世界のモデルケースになっていくんでしょう。日本人が覚醒してしまうとそうなってしまうので、そうならないように、国を尊ぶという概念を悪いものだとして、個人主義を植え付け、皆が自分のことしか考えないようにバラバラにしてしまったのがイシヤの仕組みなわけです。

もう一つ、われわれに出来る実践としては、「土」に触れることです。日月神示には「土にまつろえ」と書いてあるのですが、これは土づくりから始まって、種を蒔いて作物を育てたりすることであり、いわば「農」の実践です。簡単なところでは、家庭菜園とか、プランターなどでもいいのです。自分の命を養う食べ物を作ることは、自給自足につながります。また、種を植えて育てて行く中には小さな宇宙があります。土と水、太陽の光。美しい花がつき、実がなって、また種ができる。そこには自然のサイクルがあり、神の仕組みがあります。「土」にまつろえばきっと何かを教えてくれるはずです。

中矢伸一さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本弥栄(にほんいやさか)の会」代表 中矢伸一さんプロフィール

「日本弥栄 (にほんいやさか) の会」代表。3年に及ぶ米国留学生活を通じ、日本と日本民族の特異性を自覚。帰国後、英会話講師・翻訳・通訳業に携わる一方、神道系の歴史、宗教、思想などについて独自に研究を進める。1991年、それまでの研究をまとめた『日月神示』(徳間書店)を刊行。以後、関連した書籍を相次いで世に送り出す。これまでに刊行した著作は共著やリメイクを含めて70冊以上。累計部数は100万部を超える。

  • 対談
  • ジャーナリズム
  • ビジネス・経済
  • エンタテインメント
  • ライフ