腰痛の原因はイスにあり。高さを調節するだけで腰はもっと楽になる

 

座面の高さ=シートハイが適正の高さなら、足裏でしっかりと踏ん張ることがきて、腰の位置を固定しやすくなり、正しい姿勢をとりやすくなります。しっかりと踏ん張ることで、坐骨の上に上半身の重量が真っすぐに乗るようにしやすくなり、腰や背骨の姿勢を良く保つことができるのです。

しっかりと踏ん張れないと、「足裏全面」で体を支えようとせず足の一部や側面などで支えようとしたり、脚を組みたくなったり、デスクワークをする女子などは、キャスターの上に脚を載せたり、ひどい人は脚をシートに載せてしまったりする人もいますよね(笑)。

身長が高くない人は、座面の高さ調整のできる椅子ならなるべく下げましょう!もし椅子の構造上やテーブルの高さとの関係で低くできない場合は脚の下に台を置きましょう。例えば、ホームセンターで「すのこ」を買って重ねて使っても良いし、日曜大工でつくってしまっても良いと思います。是非やってみてくださいネ。

この時、お行儀は悪いかもしれませんが、膝はそろえるより30度~40度くらい開いた方が安定しますヨ。

image by: Shutterstock

 

楽しみながら『最高に幸せな自分』になる習慣
あなたがあなたらしく輝きたくなるような思考法、実践法、成功心理などをお届けします。本気でよりステキになりたいあなた。少しでもたくましくなりたいと思うあなた。周りの方と良い関わりをもちたいあなたにお勧めです。
<<登録はこちら>>

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 腰痛の原因はイスにあり。高さを調節するだけで腰はもっと楽になる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい