現役医師が警告。血圧高めの方は新基準だと高血圧症かもしれない

shutterstock_705180745
 

脳卒中や心筋梗塞などの合併症も招きかねない高血圧。従来までは「上が140・下は90以上」がその目安とされていましたが、最近アメリカの学会が発表した新たなガイドラインによると、それよりもさらに低い数値でも高血圧と見做されるとのこと。今後この新ガイドラインが世界のスタンダードになる可能性もあると、現役医師の徳田安春先生が自らのメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』にて紹介しています。

アメリカの新しい高血圧ガイドライン

2017年末にアメリカ心臓協会などの高血圧の診断や治療に関連する学会が、高血圧の新しいガイドラインを発表しました。新しいガイドラインは世界中に衝撃をもたらしました。というのも、それまでの高血圧の基準を数10年ぶりに変えたからです。従来の基準では、最高血圧140以上または最低血圧90以上が高血圧症でした。新しいガイドラインでは、最高血圧130以上または最低血圧80以上を高血圧として治療を勧めています。

治療では、まず生活習慣の改善が勧められていますが、それでも血圧が下がらない人や、脳や心臓の血管の病気リスクのもともと高い人には、血圧を下げる薬を内服することを勧めています。アメリカのガイドラインでの血圧の基準の変更によって、これまで高血圧症ではなかった多くの人々が、突然に高血圧症になる可能性が出てきました。

さて、アメリカのこの新しいガイドラインを採用するとどうなるのでしょうか。そのアメリカでは、これによって約7千万人が高血圧症となります。もし日本でもこの基準をそのまま導入すると、約2千万人の人々が新たに高血圧症とされるものと試算されています 。そして中国では、なんと2億6千7百万人もの人々が高血圧症となる可能性が出てくるのです。

国民の大多数が血圧の薬を飲む社会とは

高血圧症と診断されても、ただちに薬を飲まないといけないわけではありません。生活習慣の改善が効かない人や、リスクの高い人たちでお薬を飲む必要性が出てきます。アメリカの新しいガイドラインで、そのような人々の数は何人となるでしょうか? アメリカでは750万人、中国では5500万人が薬を新たに飲む必要性が出てくると試算されています。日本でも数百万人が新たに飲む必要があるとされる恐れがあります。

今後注目すべきは、アメリカの新しい高血圧ガイドラインに追随する国が出てくるかどうかです。もし、ヨーロッパがアメリカに追随することになれば、日本高血圧学会も同じようなガイドラインを提言することもありえます。

そんな状況のなか、アメリカ内科学会は、アメリカ心臓協会のガイドラインに対して批判的な意見を発表しました。過剰治療による有害性を考慮したコメントでした。

また2018年7月、イギリスの権威ある医学誌、ブリティシュ・メディカル・ジャーナル誌は、アメリカのガイドラインの導入には反対する編集長意見を発表しました。このように、アメリカ心臓協会の新ガイドラインは、世界的規模で高血圧治療のあり方に大きな影響をもたらす可能性があり、議論を巻き起こしています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 現役医師が警告。血圧高めの方は新基準だと高血圧症かもしれない
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい