冷戦開始。米中覇権戦争の本格化が日本に与える好影響と大打撃

shutterstock_724362940
 

10月4日に事実上、中国との冷戦開始を宣言したペンス米副大統領。いよいよ米中覇権戦争が本格化すると見られますが、これを「日本にとってよいニュースであり、悪いニュースでもある」とするのは国際関係ジャーナリストの北野幸伯さん。北野さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』にその理由を記しています。

米中貿易戦争の影響がではじめた中国

米中貿易戦争が米中覇権戦争に転化してきました。これは日本にとって、「よいニュース」であり、「悪いニュース」でもあります。

なぜ「よいニュース」?アメリカが本腰を上げて中国打倒を目指している。その中国は、「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない!」とトンデモ主張している国です。完全証拠はこちら。

反日統一共同戦線を呼びかける中国

これ、口だけでなく、「マジ」です。たとえば…。

中国公船4隻が日本領海に侵入 尖閣諸島の魚釣島沖

朝日新聞DIGITAL11/11(日)15:04配信

 

11日午前10時5分すぎ、沖縄・尖閣諸島の魚釣(うおつり)島沖で、中国海警局所属の公船「海警」4隻が日本の領海に侵入した。海上保安庁の巡視船が退去を求め、正午ごろまでにすべて退去した。

こういうニュース、あまりにも頻繁すぎて、いちいちメルマガで取り上げられない。テレビニュースにも出ないのではないでしょうか?

そもそも、中国は、「アメリカ、ロシア、韓国と一緒に【反日統一共同戦線】をつくって、日本を破滅させよう!」と提案し、実際に動いている国です。だから、「アメリカが動きだしたことはよいニュース」なのです。

では、なぜ「米中覇権戦争」がはじまったことは「悪いニュース」でもあるのか?「景気が悪くなるから」です。

米中は、共に核大国。それで、大きな戦争(戦闘)には、なりにくい。そのため、戦争の形態は、「情報戦」「外交戦」「経済戦」などがメインになります。トランプは、「経済戦」からはじめました。「経済戦」の目的は、「中国経済を破壊すること」。その中国は世界第2の経済規模である。そうなると、当然、全世界に影響が波及し、日本も大きな打撃を受けるでしょう。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 冷戦開始。米中覇権戦争の本格化が日本に与える好影響と大打撃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい