冬場がチャンス。冷え性解消やヤセ体質も期待できる食品3選

 

3.シナモン

中医営養学でシナモン(肉桂)は血管を拡張し血液の循環を高め冷えによる腹痛や生理痛に有効であるとされているそうですが、熱性といって緩やかに体を温める温性よりも強い作用があるため、摂り過ぎには注意が必要とのことです。

またシナモンには、老化の原因である糖化を防ぐ働きもあるため、肌のくすみやタルミが気になる女性にも嬉しい食品だそう。1日わずかティースプーンに半分程度の量で体温を上げ、糖化も防いでくれるので、紅茶などに入れれば無理なく摂ることができそうです。

日に日に気温が下がるこれからの時期は、体温の維持にエネルギーを使うため、ダイエット女子にはチャンスの季節でもあり、体温が上がればその体温を作るために更なるエネルギーが使われ、痩せやすく太りにくい体質づくりができるそうですので、ぜひ上手く活用しましょう。

image by: Shutterstock.com

美容と健康ひとくちメモこの著者の記事一覧

日常の何気ない食物にも意外な効用を持つものがあります。そんなちょっとしたうんちくをホームページで掲載している「美容と健康ひとくちメモ」を日刊でお送りします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 美容と健康ひとくちメモ 』

【著者】 美容と健康ひとくちメモ 【発行周期】 日刊

print

  • 冬場がチャンス。冷え性解消やヤセ体質も期待できる食品3選
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け