なぜダイエットしたいなら食事中にテレビを見ないほうがいいのか

shutterstock_1028139856
 

毎日の食事を少し工夫するだけで、健康な体を手に入れることができたら素敵ですよね。今回の無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』では、食材や食べる方法、タイミングなど、より健康的に過ごすための7つのコツを紹介しています。

健康的に過ごすために

1.野菜炒めにはオリーブオイルをチョイスする

かぼちゃやトマト、なすなどをオリーブオイルで炒めると、「フェノール化合物」と呼ばれる物質の量が増えるそう。この物質はガンや糖尿病失明の最大の原因である黄斑変性症の予防に役立つと考えられていて、ポイントはオリーブオイル。「オリーブ油は生野菜に含まれていない健康増進化合物を伝達する」のだとか。

2.箸を使う

ゆっくりと食事をすることで、体が実際に食べている以上の量を認識するようになり食事量が少なくなっていくのだそうです。パスタやカレーも、箸で食べてみるのもいいかもしれません。

3.チリのカベルネ・ソーヴィニヨンを飲む

ブドウを太陽の下で熟成させると心疾患やガン予防になる健康増進化合物を多く生成するのだそう。分析の結果、チリのカベルネ・ソーヴィニヨンがお勧めとのこと。

4.ジムへ行く20分前にブラックコーヒーを飲む

コーヒーに含まれるカフェインが疲れを感じさせる脳内物質アデノシンを遮るため、運動が一層はかどるらしいです。

5.外食時には事前オーダーを

事前に食べるものを決めておくと、空腹時のハイカロリーの誘惑に屈する可能性を削減でき、無駄なカロリー摂取をするリスクを避けられるのだそう。

事前オーダーするのとしないとでは、1食で1,000kcalも差が出るとか。事前にオンラインでメニューをチェックし、あらかじめメニューを電話などでオーダーしておきましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • なぜダイエットしたいなら食事中にテレビを見ないほうがいいのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい