開いた毛穴にエアコンの冷気は要注意。冷えによる症状と予防法

shutterstock_1133730398
 

日本の夏にエアコンは欠かせないものになっていますが、汗をかくために開いている毛穴がエアコンの冷気を取り込んでしまうと、カラダに変調を来たすようです。メルマガ『鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」』の著者、のぶ先生が、冷気による冷えが引き起こす症状を解説。血流を促すマッサージの方法を教えてくれます。

開いた毛穴は寝違えに要注意

【夏の毛穴】

急に気温が上がると、カラダは大急ぎで夏のカラダ作りをはじめます。連日暑い日が続くと、カラダは汗をかいて体温調整できるように肌質を季節に適うように変化させます。

夏の毛穴は常に汗をかきやすくするために、常に開きやすくなっています。効率よく汗をかくことで、効果的にカラダの表面を冷却してくれるわけですね。

【開いた毛穴に要注意】

つねに開きやすい毛穴は、じつはエアコンの冷気に対して無防備です。夏の強い日差しや暑さ対策で、体表全体を気化熱で冷やしてくれる汗は、常時毛穴から微量に発汗されています。暑さ対策で汗の気化作用を助けるには、扇風機などの風を送ることは適っています。

でも、エアコンの冷気をあてると、開いた毛穴から冷気が体内に侵入して、血管や筋肉などを直接冷やしこわばり症状をおこします。こうした血管や筋肉のこわばりが、寝違えやぎっくり腰の原因になります。

【冷気にはあたらない】

連日の暑い日に外出すれば、出先ではどこでもエアコンがかかっています。開いた毛穴に直接冷気があたれば、ぎっくり腰や寝違え、頭痛や風邪の原因になります。

こうした症状の予防には、冷気に肌をさらさないことが肝心です。公共交通機関を利用する時や、冷房のかかっている室内で過ごす予定のある時は、長袖や裾の長い衣服で過ごせるように工夫しておきたいですね。

また、痛みやこわばりを感じるところは、乳液をすりこむように肌表面をマッサージすることで、皮下の血流を促進してエアコンの冷え症状をリセットできます。軽く汗ばむまで、肌を傷めないようにやさしくさするようにマッサージしてみましょう。

image by: buritora, shutterstock.com

鍼灸師・のぶ先生この著者の記事一覧

臨床歴20年の鍼灸師。東京都杉並区在住。「やさしい鍼」という流儀で治療を行っている。小学生の娘2人をもつ、子育て真っ最中のパパでもある。メルマガには季節にあった体に負担のかからない暮らし方、食事のとり方が書かれているので、そのとおりに過ごせば病知らずです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」 』

【著者】 鍼灸師・のぶ先生 【発行周期】 毎週金曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 開いた毛穴にエアコンの冷気は要注意。冷えによる症状と予防法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい