さすが関西人。激安220円カレーに隠された、もう1つのサプライズ

shutterstock_374811676
 

大阪のとあるお店が、220円という低価格で提供するカレーが話題になっています。お値段だけでも充分驚きなのですが、なんと月に2回、さらなるサプライズが仕掛けられているのだとか。繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんも「実に関西人的仕掛け」と感心する「もう1つのビックリ」が、無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』で紹介されています。

関西人店主が作る「220円カレー」が人気!サプライズは“肉入り”!?

関西一安いカレーライス」で話題のお店があります。夜は焼肉居酒屋を営むお店が、昼のサービスメニューとして提供しています。その価格は、驚きの220円

量が少ないわけでもなく、具が入っていないわけでもありません。さすがに肉は入っていないものの、ジャガイモ、人参、玉ねぎは入っています。凝ったことは一切せず、味つけは市販のルゥのみ。つまり、家庭の味。まぁ、いまどきの家庭はもっと凝っていたりしますが。

しかし、普通の1人前が220円で食べられるのです。これは、小遣いの少ないサラリーマンには、非常に有り難いサービスです。1杯の利益は20円ほどだと言います。

このカレーライスは、価格が大きなサプライズなのですが、もうひとつのサプライズが用意されています。これが、お客さまの心をがっちりと掴んでいるのです。と言っても、このことは宣伝していないので、常連さんだけが知るとてもユニークなものです。

私は、これを聞いて爆笑してしまいました。実に関西人的な仕掛けだと感じました。そのサプライズとは、月に2回だけ不定期で肉が入っているというのです。

「やられたっ!」と感じるほど意外性があり、そのセンスの良さには脱帽です。

関西人にしか理解できない、“ノリ”のようなものかもしれませんが、私はこんな商売人が大好きです。これからも、サプライズつきのカレーライスを提供し続けて欲しいと願っています。

実に楽しい。

image by: Shutterstock.com

佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント)この著者の記事一覧

なぜ、人はモノを買いたくなるのか。欲しいという感情は、どこから生まれるのか。消費行動における人の心理を知れば、売れるモノが見えてくる。売り方がわかる。小手先のテクニックなど、いらない。人を研究すれば、やるべきことはすべてわかる。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座 』

【著者】 佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント) 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • さすが関西人。激安220円カレーに隠された、もう1つのサプライズ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい