N国党が本当に「ぶっ壊す」べき、政府広報に成り下がったNHK

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

参院選で立花党首が当選を果たし国政に進出した、NHKから国民を守る党(N国党)。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、NHK報道が政府広報に成り下がったと言っても差し支えない今、N国党が目標とする「NHKのスクランブル化」はそれなりに合理性があるとしつつ、ここに来て同党が口にし始めた「政権交代をめざす」という主張については疑問を呈しています。

N国党はNHKの何をぶっ壊したいのか

めでたく参議院議員になった立花孝志氏のスローガンといえば、もはや永田町界隈で知らぬ者はない。「NHKをぶっ壊す」である。

ご本人いわく、職業は「国会議員ユーチューバ─」。話の折々にこのスローガンをはさみ、愛嬌たっぷりのポーズをとる。

8月18日に立花氏が投稿したユーチューブ。「明日東京MXテレビに行くべき?」とネットアンケートを実施。行くに「賛成」が多ければ「行く」し、少なければ「行かない」。これが「NHKから国民を守る党がやりたい直接民主主義」というのである。

なぜ東京MXテレビかというと、タレントのマツコ・デラックス氏が同局の番組で立花氏の当選をめぐり、コメントした以下の内容が気にくわぬからだ。

「今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ふざけて入れている人も相当数いるんだろうな」。

娯楽番組の井戸端談義で毒舌キャラのタレントが思うがまま喋ったことに、それほど反応しなくても。と思うが、本人としてはこれをチャンスに暴れまわって耳目を集めたいということか。すでに今月12日にも同局に抗議に押しかけ、大勢の報道陣を集めて、首尾よくメディアの話題にしたはずだったが、それだけでは飽き足らぬようだ。

どうやら、売れっ子タレント相手の喧嘩はよほど美味しいのだろう。利用されたマツコ氏の心中はお察しするが、“お連れ”もある。

立花氏ならびに、同党幹事長になったジャーナリスト、上杉隆氏のさらなるターゲットになったのが番組スポンサーのひとつ「崎陽軒」だ。

崎陽軒といえばシウマイ弁当。ダルビッシュ投手が「崎陽軒に罪はない気がする笑」「てか良く新幹線乗るとき買ってたなー。また食べたい」などと気軽にツイートすると、さっそくこれを問題視。上杉幹事長が「崎陽軒に罪はないのならば誰に罪があるのでしょうか?」と文句をつけた。

こういう一連の言動に対し、ネット上で批判コメントが殺到するのは当然のことで、立花氏自身も“炎上狙い”のふしがあるが、さすがにN国のイメージを守る意識も働いたらしく、ネット投票の結果に従って次の行動を決めるN国流の直接民主主義」をひねり出したわけである。

なにかと話題を振りまくN国党だが、もともとは「NHKのスクランブル化というワンイシュー政党として、立花氏が議席を得たはずである。ところが、議席数を増やすため見境なくいわくつきの無所属議員に入党を呼びかけ、幹事長など役員をそろえる過程で、なにやら枝葉が多く出てきて、ワンイシューの信念が揺らいで見えるようになってきた。

あの「北方領土を戦争で奪い返す」発言をした丸山穂高議員を入党させたかと思うと、渡辺喜美参院議員と新たな会派「みんなの党」を結成し、NHK問題など考えたことがないという渡辺氏に配慮して、他の政策を付け加えることもにおわせた。

さらに上杉隆氏を幹事長に据えるや、政権交代をめざすと言い出した。それなら、国政全般にわたる政策を考えねばならず、崎陽軒不買運動なんぞやっているヒマはないだろうに。

ただ、齢50をこえたとはいえ、ユーチューブ放送で観察する限り、立花氏はおそろしく元気である。思うにあのエネルギーは、2005年4月の決起”に源泉があるのだろう。

週刊文春への内部告発NHKの不正経理についてだ。記事のタイトルは「NHK現役経理職員、立花孝志氏懺悔実名告白、私が手を染めた裏金作りを全てお話しします」。当時、立花氏はNHKの経理担当職員だったが、本人がジャーナリスト、若林亜紀氏に語ったところによると「不正経理をやらされてうつ病になった」という。

印刷する

人気のオススメ記事

  • N国党が本当に「ぶっ壊す」べき、政府広報に成り下がったNHK
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい