東は「日向かし」、北は「汚し」?方角の日本語語源を探ってみる

shutterstock_213855529
 

わたしたちが普段何気なく使っている漢字の「訓読み」ですが、その由来は日本古来の文化や価値観に根差しているようです。方角の概念もその1つ。今回の無料メルマガ『安曇野(あづみの)通信』では著者のUNCLE TELLさんが、「ひがし・にし・みなみ・きた」という呼び方の語源について考察しています。

東西南北

東を「ひがし」といい、西を「にし」と言う。同じように「みなみ」「きた」。このように呼ぶようになったのには、それなりの理由がある。方角の概念はむろん古く日本にもあったし、呼び方が別に中国から伝わってきた訳ではない。確かに後から伝来した同じ意味の漢字、東西南北を当てたのであろうが。

普段は、ひがし・にしなど、言葉のなりたちをいちいち疑問に思ったりしないのだが、言語学者大野晋さんの著作『日本語をさかのぼる』(岩波文庫)を読んいて、この答えと目されることに出くわした。

これは方角のうち中心的な四方、東、西、南、北を日本人は、どのように把握し命名したかということである。インド・ヨーロッパ語族の諸言語では、東を表現するのにおよそ二つの把握の仕方があったという。その一つは。「夜明け」「朝」「日の登る方向」。二つ目は、「前」「正面」として捉えるもの。夜の暗い恐怖に満ちた時間を過ごさなければならなかった古代の生活では、朝日の登るのを待ち望む心は切実だったろうし、夜明け・朝・日の光の方角という語が、東という方角を示したのは極めて自然。各言語で東を意味する言葉が、日がのぼる、特に夜明けの日が登る、夜が明ける、朝の意味であるのは頷けるという。

待ち望んだ朝の光が厳粛に登りはじめたとき、人は自ずと東に向く。人がその方向を、前面、また正面と把握したのも自然なことだというわけである。例えばサンスクリット語、アルタイ語族の一部も、東を、正面に、前面にとした捉え方をしているようだ。

これらのことを見れば、大野先生は、日本語の「ヒガシ」の命名の由来は明瞭だという。すなわち、ヒガシの古形は、「ヒンガシ」、更に古くは「ヒムカシ」、これは「日-向-カ-シ」の複合語、シは風の意味で、風とか息の意から方向を言うようになった語で、「ヒ-ム-カ-シ」は「日に向く方向」で「東」になったと述べる。

また東は、ヒムカシだけでなく、ヒノタテとも言ったようだ。万葉集52に

大和の 天香具山は 日経(ヒノタテ)の 大御門(オホミカド)春山と しみさぶてり

他が載っているようで、ヒノタテは「日の縦(タテ)」、タテ立タ(タタ)の変化形、タタは立つこと、すなわち登ること、「ヒノタテ」は「日の登るところ」東を指す言葉だというわけである。もっとも現代にはこのいい方は残っていない。

西を表現する言葉については、インド・ヨーロッパ諸語には三つの把握の仕方があるという。一つは、「太陽の沈む方向」「夕方」、二つ目は、東を「前面」する逆として「後」として捉えるもの。その三は風による名付けであるという。

その一の例としてラテン語のoccidensは「落ちる」意で、太陽の没する意であり、ギリシャ語のesperaは「夕方」の意であるという。二の例としては、サンスクリット語の西、praticihahaは「後ろ」の意味、三の例ではプレトン語(フランス語?)語のkornogは「西風」の意味であるという。

日本語のニシは、「去方」(イニシ)の約であろうという。イニが去(イ)ヌという動詞の名詞形で、シは方向を示すので「日没の方向」の意で西を捉えた語というわけである。

南については四つの捉え方があるとされる。その一が真昼とか太陽の方向で南を捉えるもの。南が太陽の最も強く照りつける方角であるから、真昼とか太陽の方向で南を捉えるのは自然。その二は、正面、前面の意を用いるもの。三は、南を右側という単語で把握するもの。何故右が南になるかといえば、東を前面、また正面とした結果である。東を正面とすれば、右手は南を指すことになる。その四は風の名による命名である。その一の例だけ紹介するが、原始ゲルマン語のsuntha(太陽に向いて)、英語のsouthはこの系統の言葉とか。

日本語では南を指す言葉として古くカゲトモ<カゲ(光)ツ(の)オモ(方向)の詰まった形>があったが、ミナミは、残念ながらその語源は未詳であるようである。但し、沖縄では南をhweeというが、これは風による命名で日本語のFaye(南風)の転化という。

print

  • 東は「日向かし」、北は「汚し」?方角の日本語語源を探ってみる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け