ソ連崩壊を予言した学者が語る「トランプが大統領に選ばれた訳」

 

問題は、エリートが庶民を理解できていないこと

奇妙なのはみんなが驚いていること。本当の疑問は「上流階級やメディア、大学人には、なぜ現実が見えていなかったのか」です。
(同上)

ですよね~~~。アメリカでは、どのメディアを見ても、「ヒラリーが勝つ!」と断言していました。ホントにそう思っていたというより、「ヒラリーを勝たせるためのプロパガンダ」だったのかもしれませんが。

選挙戦では、候補個人について多くのうその応酬がありました。しかし、社会について語る場面では、真実を口にしていたのはトランプ氏の方でした。彼は「米国はうまくいっていない」と言いました。ほんとうのことです。「米国はもはや世界から尊敬されていない」とも言いました。彼は同盟国がもうついてこなくなっている事実を見ています。そこでも真実を語ったのです。
(同上)

トランプは、「アメリカはもはや世界から尊敬されていない」と語った。アメリカ幕府の天領日本ではなかなか見えづらいと思いますが、これは本当です。新世紀に入ってから、アフガン、イラク、リビア、シリア(IS)を攻撃し、中東、北アフリカを無政府状態にしたのはアメリカです。

日本にとって最悪の存在は、「日本に沖縄の領有権はない!」と宣言している中国。しかし、世界的に見ると、ほとんど無意味な戦争を繰り返しているのはアメリカ

クリントン氏は、仏週刊紙シャルリー・エブドでのテロ後に「私はシャルリー」と言っていた人たちを思い出させます。自分の社会はすばらしくて、並外れた価値観を持っていると言っていた人たちです。それは現実から完全に遊離した信仰告白にすぎないのです。
(同上)

ヒラリーは、現実と乖離しているそうです。確かにそうでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ソ連崩壊を予言した学者が語る「トランプが大統領に選ばれた訳」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい