崖っぷちのトランプに辞められたら困る「3つの勢力」

shutterstock_628599731
 

トランプ氏とロシアとの「不適切な関係」を捜査中だったFBI長官の解任をきっかけに、一気に高まった「大統領を弾劾せよ」の声。しかし、今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんが、「トランプ大統領が窮地に追い込まれても、強力な3つの勢力が手を差し伸べる」との見方を記しています。

弾劾に怯えるトランプを支援する3つの勢力

トランプが、「ロシア・ゲート調査中のFBI長官を解任した件。「捜査妨害だ!」と大騒ぎになり、「弾劾」を求める議員も出てきました。

時事通信5月18日。

弾劾を求める動きは広がりを見せつつある。

 

民主党執行部は沈黙を守っているものの、グリーン下院議員は17日の下院本会議で「司法妨害に伴う大統領の弾劾を要求する」と表明。

 

米メディアによると、共和党内からも「ニクソン、クリントン両元大統領のケースでは、司法妨害は弾劾に値すると考えられた」(カーベロ下院議員)と指摘する声が漏れ始めた。

この件について、記事を書きました。まだの方は、まずこちらからご一読ください。

裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領

今アメリカで起こっていることの本質は、何でしょうか?

「ロシア・ゲート」は表向きの理由で、要するに、「抵抗勢力がトランプをやめさせたい」のです。ビジネス界から突然政界に殴り込みをかけ、大統領になったトランプ。既存の支配層から見ると、完全に「よそ者」です。その為、「抵抗勢力」は、非常に強力で、なおかつ数が多い。主な面子を見ると。

  • 野党民主党(オバマもヒラリーも健在で、反トランプ運動を指揮)
  • 共和党反ロシア派(マケインさんなど。数が多い)
  • マスコミ(特にトランプから「フェイクニュースと批判されるCNN、ABC、ニューヨーク・タイムズなど)
  • CIAなど諜報機関
  • 国際金融資本(グローバリストの彼らは、ナショナリストのトランプが大嫌い。ソロスは今年1月、ダボスで、「トランプは失敗する!」と断言していた)

う~む。世界最強国家アメリカの大統領でも、これだけの敵に勝つのは、容易ではありません。トランプさんに味方はいないのでしょうか? 今日は、そんな話をしましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 崖っぷちのトランプに辞められたら困る「3つの勢力」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい