【書評】米中が激突なら「戦場」の日本に、いま必要なこと

0705_creater
 

北朝鮮問題や南シナ海等を巡り、互いに牽制し合う米中。両国の軍事衝突は果たしてあり得ることなのでしょうか。無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』の編集長・柴田忠男さんが今回紹介しているのは、元自衛隊陸将が米中の激突を冷静に分析し、日本が今後進むべき道を提示した1冊です。

71UP1OAF74L

米中は朝鮮半島で激突する
福山隆・著 ビジネス社

福山隆『米中は朝鮮半島で激突する』を読んだ。朝鮮半島がいよいよ危なくなってきた。日本国民の生命が脅威にさらされている。この本では米中衝突が高まるリスクを分析し、日本国民の生命と財産の損害を局限するための方策を、旧弊に囚われず真剣に考える。著者は元陸将である。

福山は二段階で自主防衛体制を強化すべきだという。第一段階は、米国が日本を見捨てるというシナリオを念頭に、米軍を日本防衛のために引きとどめる観点で論じる。日米安保の「片務的」状態をできる限り解消し、努めて「双務的」な状態に近づける。第二段階は、日本の自主防衛体制の強化。日本のみで最小限、自主防衛が国防対策を構築することを目指す。核武装も想定している。

これにより、米中激突に際して、日本が望まない場合には米軍と間合いをとる(中立宣言など)ための余裕が生まれる。平時には中国に対する抑止力として日米同盟・安保条約を堅持する必要があるが、有事には米中衝突に巻き込まれないよう、米国と一定の距離を維持する必要がある。著者はこのことを「ジャパン・ディフェンス・パラドックス」と呼ぶ。けっこう狡猾かも。いいね!

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】米中が激突なら「戦場」の日本に、いま必要なこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい