おっさん、おばさんに朗報。森下仁丹が「第四新卒」を採用するワケ

Headquarter_of_Morishita-jintan
 

米国育ちで元ANA国際線CA、さらに元ニュースステーションお天気キャスターからの東大大学院進学と、異例のキャリアを持つ健康社会学者の河合薫さんのメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』。今回は、52歳から現在の会社に飛び込み、60歳を過ぎてもなお新しい挑戦を続ける森下仁丹・駒村純一社長をクローズアップし、年齢を重ねても輝き続ける人の共通点「やる気SOC」について考えます。

他人をバカにすることで生きる男たち

評価され続けている人、勝ち続けている人、モテ続けている人、かっこ良く生き続けている人にあって他人をバカにするジジイたちに欠けているモノ

それは「SOCSense Of Coherence」。そう「SOC」です。

直訳すると、首尾一貫感覚。平たくいうと、人生のつじつま合わせが出来る力、です。

SOCは、人と環境との関わり方次第で高められる内的な力です。

誰もが認める成功者、勝ち組、レジェンドと呼ばれる人たちは、例外なくSOCが高い。

彼らの仕事満足感や人生満足感はとても高く健康状態も良好でいかなる困難も乗り越える強さを持っています。

その高いSOCの持ち主のひとりが、大阪に本社を置く企業のトップです。

今年3月。昭和のオッサンたちの常備品だった「ひとつぶのんだら スーッとネ ジン ジン ジンタン ジンタカタッタッタタ~」の仁丹を製造する森下仁丹が、“第四新卒の採用をスタートさせました。

第四新卒”とは、おっさんおばさんのこと。森下仁丹の定義によれば「社会人としての経験を十分積んだ後も仕事に対する情熱を失わず、次のキャリアにチャレンジしようとする人」で、求められる資質はやる気のみ!

といっても、「あの人、やる気だけはあるんだけどなぁ~」と周りから眉を潜められるやる気ではダメ。まさしく「やる気SOC」が、求められていたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • おっさん、おばさんに朗報。森下仁丹が「第四新卒」を採用するワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい