【ノーベル賞】カズオ・イシグロ氏が追い求めた、記憶の中の日本

2017.10.12
46
by gyouza(まぐまぐ編集部)
スクリーンショット 2017-10-12 16.37.55
 

先日発表されたノーベル文学賞は、受賞者が日系イギリス人のカズオ・イシグロ氏と発表されたことで、日本中で大きな話題となりました。2016年にドラマ化された同氏の作品『わたしを離さないで』をご存じの方も多いのではないでしょうか。株式会社Gonmatus代表取締役で夢実現応援家の藤由達藏(ふぢよし・たつぞう)さんは、過去に運営されていたメルマガの中でカズオ・イシグロさんが小説を書き始めた意外な理由について紹介しています。

小説の舞台

先日、NHKの文学白熱教室を見ました。

イギリスのブッカー賞作家カズオ・イシグロ氏の講演をおさめた番組でした。

5歳くらいまで日本で過ごし、その後両親の仕事の関係で渡英

以来、きっと日本に帰るだろうと思っていたそうです。

しかし、現実にはそうでなく、記憶の中にある日本を形にしようと小説を書き始めたそうです。

ストーリーは架空であっても、あの日本の空気あの日本の雰囲気を留めようと思ったのだそうです。

そして、二作、日本を舞台にした小説を発表。

好意的に受け止められ、人気を博しました。

しかし、その人気の真相に気づきます。

欧米人たちは、自分の小説の中に、「日本人のモノの見方を読み取っているのだと。

彼としては、自分オリジナルの感性を小説に投入していたつもりでした。

個人の感覚が、日本出身であるというだけで、日本人の典型的な感覚であると誤解されていたのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【ノーベル賞】カズオ・イシグロ氏が追い求めた、記憶の中の日本
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい