貧乏くじは引かない。小池氏が衆院選不出馬を決めた2つの理由

 

小池氏のいわゆる「排除の論理」で誕生したのは立憲民主党だ。枝野幸男氏が苦悩の中から一人で結党会見して立ち上げた立憲民主党には立候補者が続々と集まり、支援の輪が広がっている。

希望の党から「排除」されたり、同党の公認を蹴った人々のほうが、政治信条を貫いたとみられ選挙を有利に戦える可能性が出てきているのは皮肉なことだ。

発足と同時に、共産党、社民党と共闘し、安保法制や共謀罪などに反対する市民連合の後押しが得られた。民進党の財産ともいえる人的ネットワークをそっくり引き継いだことになる。

小池氏や前原氏がリベラル派の一掃をはかったおかげで、この国の右傾化を憂い、平和と自由を求める人々の票を受けとめる政党が誕生したのである。

立憲民主党、共産党、社民党が選挙戦を通じて森友・加計疑惑を争点とすることに疑う余地はない。安倍首相がいちばん嫌がることだ。

自民党にどっぷりつかってきた小池百合子氏は、リベラル勢力や共産党と同調したくはなかっただろう。だが、希望の党がボロ負けすれば、小池氏の求心力は失せ都知事としての立場もまた危うくなる

党の結束を高めるには、森友・加計問題で闇から浮かび上がったブラックボックスをターゲットにするしかない。明確な攻撃対象へ、ようやく焦点が合ってきたということだろうか。

image by: 小池百合子 - Home | Facebook

新恭(あらたきょう)この著者の記事一覧

記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。その実態を抉り出し、新聞記事の細部に宿る官製情報のウソを暴くとともに、官とメディアの構造改革を提言したい。記者クラブを通した官とメディアの共同体がこの国の情報空間を歪めている。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 国家権力&メディア一刀両断 』

【著者】 新恭(あらたきょう) 【月額】 864円(税込) 【発行周期】 毎週木曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • 貧乏くじは引かない。小池氏が衆院選不出馬を決めた2つの理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい