アマゾンに死角あり。大手スポーツショップに残された「勝ち目」

shutterstock_681649267
 

年商15兆円を超えるという巨大な黒船、米Amazon。書籍だけでなく、すべての商品をターゲットとしているAmazonに、日本の大手老舗スポーツショップは太刀打ちできるのでしょうか? 無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんは、この現状を「厳しい」としつつも、見抜いたという「ある弱点を突く方法」について紹介しています。

大手スポーツ店はアマゾンに勝てるか

大手スポーツ用品店アルペンが、いよいよ動き出しました。この4月に、愛知県春日井市にアウトドア専門店をオープンしたのがその一つです。

アルペン アウトドアーズ 春日井店

大型スポーツチェーンが生き延びる戦略の一つとして、取り扱いスポーツを絞り込むことは、十分に考えられます。目先の戦略としては、その方向性は正しいでしょう。そして、今回はアウトドア用品に絞り込みました。

矢野経済研究所によれば、2016年のアウトドア用品市場は約2,056億円(メーカー出荷額)です。これは、スポーツシューズ、ゴルフ用品市場に次いで、3番目の市場になります。しかも、毎年10%以上伸び続けている市場です。そのうえ、中小スポーツ店があまり力を入れていない市場でもあります。同社がこの市場に狙いを定めたのは、当然と言えば当然です。おそらく、この戦略はうまく行きます。

そして、並行してもう一つの戦略を打ち出しました。同じく4月に、千葉県印西市に新しく物流拠点を作ったのです。しかも、AIロボットを導入しました。

AI物流ロボット導入とEC拠点移転のお知らせ(PDF)

発表によれば、「EC市場の拡大に対応」するため、とあります。なるほど。ネットでの売上を拡大するのが、同社のもう一つの戦略のようです。また、物流コストを下げて生産性をあげることも目的でしょう。

今回のこの二つの動きは、私にはどうもアマゾンを意識しているように思えてなりません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • アマゾンに死角あり。大手スポーツショップに残された「勝ち目」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい